編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IdeaPad Y560p

用語の解説

IdeaPad Y560pとは

IdeaPad Y560pとは、レノボ・ジャパンが販売するノートPCの名称である。
2011年1月に発表された。 IdeaPad Y560pはコンシューマー向けのノートPCとしては最上位に位置するハイスペックなノートPCである。 CPUにはIntel Core i7の最新型である「Core i7-2630QM」が搭載されており、最大8GBのDDR3メモリが搭載可能、また、標準仕様で750GBのHDDと32GBのSSDが両方とも搭載される。 OSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumである。 その他、Blu-rayドライブやマルチタッチ対応のタッチパッドなどが搭載される。 本体はブラック一色で統一されており、天板にヘアライン加工が施されている。 IdeaPad Y560pの発表と同時に、コンシューマ向け高性能タワー型デスクトップPC「IdeaCentre K330」も発表されている。 IdeaPad Y560pの発売日は2011年1月26日、「IdeaCentre K330」は28日と発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]