編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IrDA Control

用語の解説

IrDA Controlとは

(アイアールディーエーコントロール,IrBus,)
IrDA Controlとは、近距離間の赤外線通信技術であるIrDAの規格の一種で、通信距離の延長や双方向通信を可能にした規格のことである。
1998年2月に策定された。 従来のIrDA規格では、通信可能距離が最大1メートルであったのに対して、IrDA Controlでは約8メートルの赤外線通信を行うことが可能となっている。 また、従来は1つのホストにつき1台のデバイスへ、片方向の通信のみ行うことができたのに対して、IrDA Controlでは最大8台のデバイスへ同時に接続し、双方向通信を行うことが可能となっている。 これによって、IrDA Controlを通じて1台のパソコンと複数台の周辺機器を接続することもできるようになった。 なお、IrDA Controlの通信速度は75kbpsとなっている。 IrDA Controlは、MicrosoftとHewlett-Packard、Intel、シャープの4社によって「IrBus」として共同で開発された。 後にIrDAの規格として認定される際に「IrDA Control」と改称されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]