編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JustPix for Apache

用語の解説

JustPix for Apacheとは

(ジャストピクス フォー アパッチ)
JustPix for Apacheとは、WebサーバーのApacheを用いて携帯電話向けの画像を変換生成するサーバーとすることのできるソフトウェアのことである。
株式会社クラフテックが開発した。 JustPix for Apacheは、サーバーに貯めておいた画像データを、携帯電話の待ち受け画面などに利用できるように縮小・加工して配信するソフトウェアである。 写真画像は一般にJPEG形式保存されるため、加工された際にJPEG特有のノイズが生じてしまうが、JustPix for Apacheでは写真画像をPNGやGIFといったイラスト向けの形式に変換することができる(イラストモード)。 これによって、ノイズの発生を抑えた高品質なイラスト画像を配信することが可能である。 またサイズ変更については、縦横のサイズだけでなくサムネイル画像のデータ容量まで調整することもできる。 また、JustPix for Apacheは携帯端末からの要求に応じて画像を配信する方式がとられているが、一度変換された画像はWebサーバー内にキャッシュされるので、秒間数百のリクエストにも耐えられる程度の安定性を保っている。 JustPix for Apacheのシステムイメージ図 なお、画像変換エンジン「JustPix」は、携帯電話の待ち受け画像を提供する際の画像変換エンジンとして定評を得ている。 JustPix for Apacheは、このJustPixをWebサーバーソフトとして定評のあるApache上で動作させることを可能にするものである。 ちなみに、携帯電話版デモサイトが用意されており、携帯電話から以下のアドレスにアクセスすれば実際に体験することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]