編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Motion-JPEG

用語の解説

Motion-JPEGとは

(モーションジェーペグ,モーションJPEG,MJPEG,)
Motion-JPEGとは、画像の圧縮方式であるJPEGを応用して動画データを生成する圧縮・記録方式のことである。
圧縮されたJPEG画像を各コマに配置して、アニメーションのように再生する。 Motion-JPEGでは、それぞれのコマに対して逐次圧縮しているため、再生効率が高い特徴がある。 高画質で記録可能な上、任意の個所へのアクセスも素早く、ワンカットを切り取ることもできる。 最近では、静止画や動画の撮影に対応している携帯電話のカメラ機能などがMotion-JPEGを採用している。 同じく動画の圧縮方式としてはMPEGがある。 MPEGは、あるコマとその前後のコマの情報を比較して差分を計算することで動画を再生している。 MPEGは差分を計算する手間がかかる都合上、再生位置のジャンプなどに手間取るが、重複する情報を省けるために圧縮効率に優れている特徴がある。 Motion-JPEGには標準的な規格がない。 ただ、JPEGの拡張規格であるJPEG2000に対応し、JPEG2000の方式で圧縮するMotion-JPEG2000方式があり、こちらはJPEG2000の規格の中で定義されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]