編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMODEM

用語の解説

XMODEMとは

(エックスモデム)
XMODEMとは、主に、パソコン通信のファイル転送に利用されているデータ転送プロトコルのことである。
XMODEMでは、128バイト、または、1024バイトを1ブロックとした固定長のデータを送信するため、どのようなファイルであっても128バイト(1024バイト)の倍数に丸められて送られる。 また、最後のブロックが128(1024バイト)バイトに足りない場合は、EOF(16進で1A)で埋められる。 XMODEMでは、ファイル名やファイルサイズなどを取得することはできない。 そのため、XMODEMは、使い勝手を改善したYMODEM、ZMODEMと引き継がれていった。 XMODEMでは、誤り検出を単純なチェックサムとブロック番号で行い、エラーを検知すると再送を求める仕様である。 また、チェックサムの仕様をCRCにして、信頼性を高めた版もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]