編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

XRM

用語の解説

XRMとは

(Dynamics XRM,Microsoft Dynamics XRM,)
XRMとは、Microsoftが提供しているCRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM」に関する新コンセプトとして提唱された、「企業内におけるさまざまな業務プロセスを自動化し、関連情報を一元化・管理する」利用形態の呼び名である。
CRMの「C」は、もともと「顧客」(customer)の頭文字であるが、XRMでは「何でも」(anything)を表す「X」を意味する。 Microsoftの定義によれば、CRMが「マーケティング、営業、サービス領域における業務プロセスの自動化と顧客関連情報の一元化・管理をおこなう」ものであり、XRMは「Microsoft Dynamics CRM の機能、データモデル、柔軟なアーキテクチャーをプラットフォームとして応用することで、独自の要件にフィットしたビジネスアプリケーションを、すばやく開発すること」を可能とするものである。 XRMは、これまでCRMで顧客管理やタスク管理を行ってきたのと同様、企業のあらゆる部門・種別において、あらゆるデータを扱う形態であるといえる。 発表時の構築事例として、不動産や金融情報の管理、教育管理、行政上の住民管理などが挙げられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]