編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ipm

用語の解説

ipmとは

(イメージ毎分,)
ipmとは、プリンタやイメージスキャナなどにおける、標準設定状態で1分間に入出力可能な枚数もしくは面の数を表す単位である。
ipmは、ISO(国際標準化機構)が定めた測定方式に基づく客観的な入出力速度の単位として規定されている。 プリンタやイメージスキャナなどの性能を示す指標として、よく用いられている。 ちなみに、プリンタの出力速度を表す単位には、ipm以外にも、ppm(pages per minute)がある。 こちらはISOによって規定されてる指標ではなく、メーカー者が任意の出力環境で測定した値として参照される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]