PUZZLE統合就業管理システム

PCIアイオス株式会社 

2007-07-25

ワークスケジュールを自動作成するシステム。勤怠管理システムと併用することによってスケジュールと就業実績を一元管理できます。

製品概要

あらかじめパターンとして設定された日別の時間帯別要員要求とあらかじめ設定された保有スキル、可能勤務日別可能勤務時間帯を属性として持つ従業員とを突合せ、あらかじめ設定されたルールの優先順位に従い、営業日別時間帯別に要員を自動配置します。常勤従業員に対しては、設定に先立って承認済休暇を入力することができ、勤務シフトと個別休暇を自動的に設定します。作成者は、当該日勤務状況(縦計)あるいは当該従業員月間勤務状況(横計)を確認しながらワークスケジュールを修正することができます。設定確定時には、逆に、あらかじめ設定されたルールとのチェックが行われ、修正によってルール違反が発生している場合には、警告メッセージが表示されます。また、年次休暇消化日数を自動集計し、残日数を管理することができます。本システムと自動的に連動するPUZZLE勤怠管理システムが別製品として準備されています。

特徴

①ワークスケジュール(WS)を自動的に作成する機能があります。
②予定(WS)と実績(タイムレコーダ)を一元的に把握することができます。
③集中一括管理と対話型処理を同時に実現します。(WebStart採用)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]