リホストソリューション OpenFrame(XSP,MSP対応版)

日本ティーマックスソフト株式会社 

2008-07-15

基幹システムをスピーディーかつ効率的にマイグレーションする「リホストソリューション OpenFrame」

製品概要

OpenFrameは、既存のメインフレーム環境で運用されてきた業務やサービスを再開発することなく、UNIXプラットフォームでも運用を可能にする”リホストソリューション”です。
OpenFrameを導入することで、メインフレームで使っていたアプリケーションやサービスのインタフェース機能を、UNIXシステムで使用することができます。

特徴

メインフレームのリホスト・マイグレーションとは、ハードウェアをメインフレームからUNIXサーバへ切り替え、ユーザアプリケーションやデータは移行(Migration)作業だけ行い、そのまま使用する手法のことをいいます。
システムをオープン環境で全面再開発するのとは違い、オンライントランザクション処理ミドルウェアとマイグレーションツールを利用し、メインフレームで培ったプログラムをUNIX上でそのまま使用することができます。

既存の資産をそのまま使用できます。たとえば、JCLはEBCDICコードからASCIIコードへ変換するだけで、オープンプラットフォームで動作することが可能です。(マクロやシェルへの書き換えは不要です。)
また、VSAMやネットワークDBのNDBのデータも、オープン上で使用することが可能なデータ機能を搭載しているため、RDBMSへの変更や性能の低下などの心配もありません。

メインフレームのログ管理機能やRACFなどのセキュリティ機能もOpenFrameでご提供しますので、これまでの運用ルールを継承することが可能です。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]