輸送用機器製造のIJTT、鋳造ホストシステムを脱メインフレーム化

NO BUDGET

2023-10-18 06:30

 自動車用鋳物部品や駆動系パーツなどの製造を手掛けるIJTTは、日本ティーマックスソフトのリホストソリューション「OpenFrame7」を活用して、5月に鋳造ホストシステムのオープンシステム移行を実施した。日本ティーマックスソフトが発表した。

 IJTTでは、メインフレームだった鋳造システムをオープンシステム環境に移行することで、メンテナンス性とアプリケーション改修・保守の効率が向上し、メインフレームの維持運用コストを削減した。今後はコスト削減分を次世代システムの展開に生かすという。

 OpenFrame7は、ミッションクリティカルなミドルウェアデータベースを基盤とした製品。オープン環境でのミドルウェアとデータベースに加え、レガシー言語のコンパイラも提供する。メインフレームとの互換性を保ちつつ、COBOL、ASM、MAP、AIM定義などのアプリケーション資産を変更することなくオープン環境でも利用できるようにする。

 IJTTは、鋳造ホストシステムの運用において、仕様やプログラムのブラックボックス化、COBOLやメインフレーム技術の専門家減少、ベンダーロックインなどの課題に直面していた。2022年にハードウェアの保守が満了期限となるため、今回の施策に至った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]