編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

TIS、ベイシアのメインフレーム基盤をオープン化--大規模なCOBOL資産を短期間でJavaへ移行

NO BUDGET

2022-09-12 09:46

 TISは9月8日、ベイシアグループのメインフレーム基盤のオープン化を支援したと発表した。

 ベイシアグループは、スーパーマーケット、ホームセンター、コンビニエンスストア、家電、カー用品などのショッピングセンターチェーンを展開する小売業界大手。富士通製のメインフレーム基盤には、発注・在庫管理といったグループ共通システムとベイシア本体の基幹システムが稼動していた。同メインフレーム上で稼働するCOBOL資産は約600万ステップにも上り、約70のシステムと連携していた。

将来のシステム活用イメージ
将来のシステム活用イメージ

 また、メインフレームで稼働している基幹システムは設計ドキュメントがない機能も多く、保守作業がCOBOL技術者の知識や知見に依存し属人化していた。そのためシステム改修の際も都度プログラムから分析を実施せざるを得ない状況だった。また、COBOL技術者の高齢化による将来の人材不足やメインフレームの保守期限もあり、2019年にメインフレーム基盤のオープン化を計画した。

 TISでは、これに対して「Xenlon~神龍 モダナイゼーションサービス」を活用してCOBOLからJavaへとプログラムをリライトし、オープン環境へ移行、その後、新システム基盤を構築するという提案を行った。

 2019年2月にプロジェクトが開始され、ドキュメント類の欠損・不足や、改修時の影響調査が難解、環境制約が多いシステム構造といった課題のあるレガシーシステムから脱却し、業務改善の加速や保守・開発生産性の向上を実現できた。

 また、作業の属人化や技術者の高齢化、メーカーのサポート切れなどの課題に対しても、オープン系運用・保守体制を再編成し、将来のITシステムリスクを回避することが可能になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]