メインフレームのオープン化プロジェクトでリホストという選択肢

NO BUDGET 2015年08月21日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SCSKは、あるユーザー企業のメインフレーム資産をオープン系システムへ移行するプロジェクトでマイグレーション作業でリホストを決定した。ティーマックスソフトが8月20日に発表した。SCSK、大和ソフトウェアリサーチ(DSR)、ティーマックスソフトの共同プロジェクトとして実施されるという。

 今回のプロジェクトでは、現状より安価な費用で現行と同等のサービス基盤をオープン環境で提供することが求められている。メインフレームからオープン環境へ移行する期限を2016年3月と決めたことで短納期での実現が必要となっている。

 SCSKでは、こうした条件から現在利用中のメインフレーム資産のオープン化手法としてリホストを選択。メインフレーム資産をUNIX/Linuxに移行するための「Tmax OpenFrame」シリーズを採用することにした。

 OpenFrameは、メインフレームで使用しているアプリケーションやデータ、画面などの資産をオープン系システムでも使用できるようにするソフトウェア群。OpenFrameを活用することで、メインフレームの環境で運用されている業務やサービスを再開発することなく、オープン系システムに移行できるという。

 プログラム言語のCOBOLやPL/I、データ制御言語のJCLに加えてデータや画面などの資産を修正せずにオープン環境へ移行するほか、移行負荷の高いという階層型データベースなども移行ツールに加えて同等の機能をOpenFrame上で提供しており、スムーズに移行できるとしている。

 OpenFrameは、レガシーシステムを修正せずにオープン系システム環境へ移行できるマイグレーションツールとして開発。韓国で大手企業に採用されただけでなく、日本国内でも大手金融機関などで採用実績があるという。オープン系システムへの資産移行ツールの高機能性やメインフレーム同様の機能を持つミドルウェアの提供など、厳しい市場の検証で高い信頼を得た技術を搭載しているため、その性能や安定性に関しても安心でき、リスクを最小限に抑られるという。

 現行のメインフレームは、長年利用されており、機能のすべてを検討段階で把握することは困難と説明。TmaxSoftは、メインフレームの基本ユーティリティに対する機能追加で柔軟に対応するという姿勢を明確に示しており、選定する側にとって安心感が得られると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算