編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

暗号化ソフトウェア「FENCE-Pro」

株式会社富士通ビー・エス・シー 

2010-12-20

社員による情報の持ち出し、PCの盗難・紛失など、企業の重要データは、常に思わぬ危険にさらされています。 FENCE-Proは、強力なAES暗号アルゴリズムの採用により、それらの脅威から情報資産を守ります。 情報セキュリティ対策は、重要データの暗号化から始まります。ユーザの利用シーン、重要データの配置場所に応じてドライブ暗号、フォルダ・メディア暗号など多彩な暗号化方式が、情報セキュリティを強力にサポートします。

製品概要

パソコンからの重要データの持ち出しやパソコンの盗難・紛失などのリスクを暗号化によって守る、情報漏えい対策ソフトウェアです。
① 簡単・確実に暗号化
 ・利用者の操作を必要としない自動暗号化
   (パソコンのローカルディスクやネットワーク上の共有フォルダ、USBメモリなど)
 ・電子文書のカプセル化(次世代の暗号化ファイル「FENCEブリーフケース」)
② 簡単導入
 ・1クリック操作でインストール/セットアップが可能なサイレントインストール化が可能
 ・Active Directory®との連携により、利用者やグループ単位にポリシーの自動適用が可能
③ 豊富な導入実績と信頼性
 ・約90万ライセンス強の販売実績、金融/公共分野を中心に高評価
 ・電子政府推奨の暗号リストに登録されている暗号アルゴリズムAES256bitを採用

特徴

●多彩な暗号方式
・ドライブ暗号
ドライブ暗号では、ドライブ単位(”C”や”D”ドライブなど)で自動暗号化/復号が行われます。
利用者は、暗号化を特別意識することなくWindows® ログインのみで情報にアクセスできます。また、利用者がファイルを保存しがちな”デスクトップ”や”マイドキュメント”なども暗号化対象となりますので、暗号のかけ忘れを防ぎます。
※OSやアプリケーション関連など、PCの動作に影響を及ぼすフォルダは、自動的に暗号化対象から除外されます。

・フォルダ暗号
ネットワーク上の共有フォルダをあらかじめ暗号化対象に指定しておくことで、自動的にデータが暗号化されます。部門やグループごとに共有しているデータのアクセスコントロールが行えます。

・メディア暗号
USBメモリなどの外部デバイスを暗号対象と認識し、自動的に暗号化されます。利用者は従来どおりのファイル操作方法で外部デバイス上のデータにアクセスできます。

・ファイル暗号
複数のファイルを圧縮された1つの暗号化ファイルに変換します。スタンダードな「暗号鍵形式」の他、復号する環境にFENCE-Proの導入を必要としない、「パスワード付きの自己復号形式」や復号せずにアプリケーションでの編集が可能な「FENCEブリーフケース形式」のファイルへも変換可能です。

●暗号鍵の管理
・強固な暗号アルゴリズム
日本の電子政府推奨暗号リスト(総務省および経済産業省により電子政府が調達する為の推奨すべき暗号リスト)、および米国商務省標準技術局(NIST)にて採用されている次世代暗号アルゴリズムであるAESを採用しています。

・暗号鍵の登録
暗号鍵を複数用意することができます。部署や業務グループなど権限単位に暗号鍵を作成/配布することで、より綿密な暗号化ソリューションが実現できます。

・Windows® ログオンとの連携
Windows® ログオン時のアカウントに応じて暗号鍵を有効化します。業務や職位にあわせた利用可能な暗号鍵をアカウントと関連付けておくことで、利用者が意識することなく、自動的に暗号鍵が有効になります。

●導入が簡単
・サイレントインストールが可能
ソフトウェアのインストール時に指定するシリアル番号やインストール先フォルダの入力、暗号鍵の作成などの各種設定を必要としないサイレントインストール化が可能です。
サイレントインストーラーを任意のサーバに配置し各利用者の1クリック操作や、ログオンスクリプトなどにより実行することで簡単に導入・展開が行えます。これにより、管理者は利用者に意識させることなく、同じ環境設定を多数のPCに反映することができます。

・Active Directory®連携
FENCE-Proの各設定情報は、Active Directory®のユーザーまたはグループ情報と関連付けることにより、一元管理できます。
また、ネットワーク上の共有フォルダを自動暗号フォルダとして、利用者やグループ(特定の複数利用者)単位に割り当てることができます。
Active Directory®と連携することにより、システム導入時や大規模な組織変更、また人事異動が発生した場合でも、FENCE-Proの各設定情報は自動的に適用され、管理者の作業が大幅に軽減します。

クライアント側OS:
Windows

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]