富士通BSC、スマートフォン向けセキュリティ管理サービスをクラウドで提供

ZDNet Japan Staff

2010-11-26 15:15

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、クラウドによる「スマートフォン向けセキュリティ管理サービス」を2011年4月より提供すると発表した。

 同サービスは、企業で導入しているスマートフォンのセキュリティ対策を、クラウド上の管理サーバを通じて一元管理するもの。AndroidやWindows Mobileに対応するほか、随時iOS(iPhone、iPad)にも対応していく予定という。合わせて、Windows 7がインストールされたモバイル端末のセキュリティ管理もサポートするため、企業で使われるさまざまなエンドポイント端末の一元管理が可能になるとしている。機能としては、リモートからの端末初期化、端末ロック、カメラ、無線LAN、Bluetoothといった個々のデバイスの無効化、発信先制限などを提供する。

 スマートフォンやタブレットなどの新たなエンドポイント端末が普及し、企業においてもこれらの端末を業務で利用するケースが増えてきている。富士通BSCでは、このクラウドサービスの利用によって、社員が使う端末機器のセキュリティ設定を一元管理でき、セットアップ作業の負荷を削減できるほか、短期間、低コストでの運用が可能になるとしている。また、ユーザーの依頼により、運用代行サービスも提供する予定。

 スマートフォン向けセキュリティ管理サービスの利用価格は、初期費用が無料。月額費用が1端末あたり315円より。同社では、販売開始後3年間で6万ライセンスの販売を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]