編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通BSC、PC操作ログを一元管理する「FENCE-Tracer Server」を販売開始

田中好伸(編集部)

2006-01-11 18:20

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は1月11日、PC操作ログをサーバ上で一元管理するソフト「FENCE-Tracer Server」を1月12日から販売開始すると発表した。価格は1ライセンス当たり52万5000円。

 FENCE-Tracer Serverは、同社のセキュリティソフト「FENCE」シリーズが取得するPC操作のログをサーバで管理・参照できる。サーバでは複数の監視対象PCの操作ログを専用のデータベースで保管する。管理者は、収集されたログをリポート機能で多角的に分析できる。

 FENCEシリーズは、クライアントPCのエンドユーザーが操作ログを参照できる「FENCE-Tracer」、PC内のファイルを暗号化する「FENCE-Pro」、記録媒体やプリンタ出力を制限する「FENCE-G」、USBキーで本人認証し、PCの不正利用を防止するための「FENCE-AP」からなる。

 富士通BSCは、FENCE-Tracer Serverの販売にあわせて、FENCEシリーズ各製品の機能を強化している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]