編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

RSA 2048bit/SHA-2/AES256bit対応のスマートカードチップ内蔵USBトークン『ePass2003』

飛天ジャパン株式会社 

2011-11-08

ePass2003はオンボードで次世代暗号化アルゴリズムに対応したスマートカードチップ搭載のUSBトークンです  オンボードでRSA2048bit、AES256bit、SHA-256などの暗号アルゴリズムを処理することができます Microsoft Minidriverに対応しているためWindows7では接続するだけで利用することが可能です また、搭載されているスマートカードチップは米国連邦標準規格であるFIPS140-2 Level2に準拠し高い信頼性を得ています

製品概要

『ePass2003』はオンボードでRSA 2048bit、SHA-256、AES 256bitに対応したスマートカードチップ搭載のUSBトークンです。

従来のUSBトークンと違い『ePass2003』は、
①オンボードでの次世代暗号アルゴリズム処理
②ドライバのインストールなしで利用
③FIPS140-2など高セキュリティレベルの認定基準に準拠しています。

■□ 主な製品概要 ■□■□■□■□■□

①オンボードでRSA2048bit、SHA-256、AES256bitの暗号化を実現しセキュリティレベル強化
『暗号2010年問題』で危惧されていたアルゴリズムを超えた次世代アルゴリズムに対応しているため、暗号強度の対策をePass2003内部のチップで処理することができます。そのため秘密鍵・公開鍵ペアの生成や、認証、署名処理をオンボードで高速に行い、最高レベルのセキュリティを確保します。

②Microsoft Minidriver に対応、Windows7では接続するだけで利用可能 (64bit OSにも対応)
Windows7環境であればePass2003はデバイスドライバCCID、ミドルウェアMicrosoft Minidriverを自動でインストールするため、すぐに使用することができます。

③FIPS 140-2 Level2, Common Criteria EAL5+ モジュール搭載で高い信頼性を実現
搭載されているスマートカードチップは、暗号モジュールに関するセキュリティ要件の仕様を規定している米国連邦標準規格であるFIPS140-2のレベル2に認定された信頼性の高いチップです。

○スマートカードログオン対応
リモートデスクトップ接続、シンクライアントへの利用が可能です。
接続先は、WindowsXP/Server2003/Vista/7/Server2008すべてに対応可能しております。

○64KBユーザメモリ(2048bit鍵長証明書が最大9枚格納可能)
ePass2003では64KBのユーザメモリを保有しているため、2048bit鍵長証明書を複数枚格納することが可能です。

○ミドルウェアOpenSC、PKCS#11サポートによりLinux、Mac OS Xにも対応(近日リリース予定。詳細はお問い合わせください)
OpenSC、PKCS#11をサポートしていることにより、Linux、Mac OSにも対応します。

特徴

『ePass2003』の主な特徴■□■□■□■□
・FIPS140-2 Level2対応
・オンボード対応
  公開鍵暗号 RSA1024/2048bit
  共通鍵暗号 AES128/192/256bit、DES/3DES
  ハッシュ関数 SHA-1/SHA-256
・ミドルウェアMicrosoft Minidriverに対応しているため、Windows7(32,64bit)環境では接続するだけで利用可能
・ミドルウェアOpenSCに対応しているため、Linux ,MacOS Xにも対応
・ハードウェアインターフェース ISO7816、CCID
・8bitスマートカードチップ搭載
・64KBセキュアなユーザメモリ領域搭載

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]