編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

次世代BI帳票基盤【Report & Form Warehouse】

株式会社ユニリタ 

2012-11-29

帳票印刷から情報活用まで、あらゆるニーズに対応するウェブ・レポ―ティングソリューション

製品概要

『Report & Form Warehouse』は管理帳票だけでなく、業務帳票やBIの一部としたレポート作成や情報活用も実現します。ユーザが求められるレポート、帳票を1つの基盤で一元的にカバーする、簡単かつ迅速に提供できるウェブ・レポート・ソリューションです。

レポートをプラグインするポータル、モバイルなどシーンを問わない利用が可能で、シンプルな操作性と豊富なチャート機能により、圧倒的なレポート開発効率を実現します。また、絞込み検索帳票やドリルダウン帳票による情報活用も併せ持ったBI統合型のレポート環境を提供します。

特徴

●多彩なレポート表現
単一のレポートに、複数のグラフや表をドラッグ&ドロップで容易に配置でき、これら複数のオブジェクトは、各々、別のデータベースから情報を取得することも可能です。 クロス集計表はもちろんのこと、50種類以上の豊富なチャート・オブジェクトにより、さまざまなビジネスシーンやニーズにあったレポート作成ができ、容易に訴求力の高いレポート作成が可能です。

●ダイナミックなレポーティング機能
情報を絞り込むための検索機能、明細を表示するドリルダウン機能、別レポートへ移動するためのリンク機能など、情報活用に不可欠なBI機能を利用し、 ダイナミックなレポーティングが可能です。 また、帳票にロジックを組み込むことで、Excelで行われている、様々なデータソースの集約作業を自動化し、効率的でミスのない情報活用を実現できます。

●セキュアで分かりやすいレポート・ポータル
ウェブ・ポータルを通じたレポート提供は、フォルダ管理により、ユーザが必要とする情報に素早くたどりつくことが可能です。 また、部署/役職/個人に至る詳細な表示権限も設定可能です。 大規模な利用環境であっても、中央集権的に情報を管理することができます。

●二次利用を助ける出力/保存オプション
レポート・ビューアから、抽出/表示したレポートをPDF/Excel等へ出力をすることが可能です。 汎用的なレポートの配布や、ユーザの付加的な加工を促進することができます。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]