電源がオフ状態のパソコンを遠隔で起動「RemoteWOL」

RSUPPORT株式会社 

2015-09-24

遠くにあるパソコンの電源をワンクリックで起動させることができる、スマート電源管理製品です。

製品概要

みなさんはいざ、遠隔制御ソリューションである「RemoteView」を使おうとしたときに、会社のパソコンの電源が入ってなくて、リモートコントロールが出来なかったという経験はありませんか?また会社のPCをRemote Viewを使うためにわざわざ電源を入れたままにすることも出来ません。
そんなときに「RemoteWOL」が役に立ちます。

RemoteWOLという製品の「WOL」とは、「Wake On Lan」の略で、ネットワーク経由で手元にあるPCから離れたところにあるPCの電源を入れる機能のことをいいます。同じネットワーク上にあるRemoteWOLのハードウェアを経由して電源が入っていない状態のPCを起動させる方式で行い、RemoteWOLの電源が入っていれば、全ての電源が入っていない状態でも使えます。

地方へ出張中に夜遅くお客様からの依頼や、取引差からの業務が来て、RemoteViewを使ってリモートコントロールしようとしたけど、会社のPCの電源が入っていない!会社に電話しても誰もいないし…そんなときこそ、RemoteWOLの出番です。

特徴

この製品の特徴としては、リモートデスクトップツールであるRemoteViewと一緒に使用することで、遠隔地にあるPCを効率的にリモートコントロールすることが出来ることです。
RemoteWOLを使ってPCの電源を入れてRemoteViewを使用すれば、大雪などの急な悪天候、災害や非常時もRemoteWOLが大活躍します。

また、様々なOSやウェブプラウザに対応しているので、RemoteWOLのログ情報を確認することも出来、デバイスの不具合が発生した際にも迅速に対応することが出来ます。

RemoteWOLを使うと必要なときだけ電源を入れることが出来るので、不必要な電力消費を防ぐことになり、電気代節約にもなります。さらに、PCだけでなくモバイル端末にも対応しているので、PCを広げることが出来ない電車の中でも簡単に利用できます。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]