編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

脆弱性対応の迅速化が急務となっている理由と、劇的な加速を可能にするアプローチを知る

ServiceNow Japan合同会社 2022-01-12

フィッシング攻撃や標的型攻撃といったサイバー脅威に比べると、脆弱性にはあまり注意が払われていないと言えるだろう。しかしながら、重大な脆弱性が悪用された場合には、企業のビジネスと信頼に大きな被害が及ぶ可能性があるのだ。実際、ServiceNowとPonemon Instituteが行った調査によると、半数近くの組織がこの2年以内にセキュリティ侵害の被害に遭っており、その多くはパッチがすでに存在する脆弱性に起因するものであった。ここからも、組織内で増大する脆弱性に対して、効果的な対応が追いついていない現状が浮き彫りとなっている。
このような背景を踏まえて本資料では、組織が脆弱性対応を迅速化しながら運営上の透明性を向上し、すべての従業員にとってセキュアなデジタル化された職場環境を実現するためのアプローチについて、ServiceNowが果たす役割を踏まえて解説している。脆弱性対応を劇的に加速するための手法をぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]