編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

AI自動翻訳の精度が劇的に向上する、「プリエディット」を究めるテクニック10選

株式会社みらい翻訳 2022-08-05

AI自動翻訳を利用する企業が多くなっている。だが、意図した翻訳結果が訳出されなかった、誤った翻訳結果になったといった経験をしているケースも多く、満足度が高いとはいえない状況にある。そこで重要になるのが「プリエディット」だという。プリエディットとは、正しい翻訳結果を訳出するために、翻訳前の原文を修正することである。
この資料では、プリエディットを中心にAI自動翻訳の訳出精度を向上させられるテクニックを紹介する。初級編のテクニックでは、「不要な改行を削除する」「一文を短くする」といった2つの施策を紹介。さらに、中級編として、「主語、述語、目的語の明確化」など5つ、上級編では「英語で表現したい文の日本語訳を考える」など3つの計10のテクニックを詳しく紹介している。AI自動翻訳の導入効果を期待する企業にとって参考になる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]