編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

体験記:LinuxとWindows、物理/仮想混在のバックアップをCA ARCserve D2D for Linuxで簡単に

ZDNet Japan Ad Special

2013-09-18 11:00

[PR]体験レポートで、バックアップ最前線を見極めよう--。本稿では、日本CAが提供するCA ARCserve D2Dを使ったデモンストレーションを紹介する。選択肢が少ないLinux環境のバックアップに悩む方には、特に必見の内容だ。

データ増加やシステムの複雑化でデータ保護に課題

 サーバ仮想化が普及したことで、システムのバックアップは企業にとってより頭の痛い課題となっている。物理/仮想環境が混在して複雑化しているのは当然のこと、データ量の増加に伴い、バックアップにかかる時間もネックとなっている。さらにLinuxサーバであれば、バックアップツール自体が限られてくるという事情もある。そのため高度なスキルを持つ一部の人材に運用が任されて属人化していたり、あるいは万が一の備えは妥協してしまっているのが隠れた実情ではないだろうか。


 こうした中、7月に提供開始されたLinux 版の「CA ARCserve D2D」は注目すべき製品だ。

 製品名の「D2D」が「Disk to Disk」を意味する通り、OSの入ったハードディスク全体をそのままイメージファイルとしてバックアップするもの。

 選択肢が少なかったLinuxのバックアップをWindows版と同じCA ARCserveにできるので、ツールを使い分ける不便からは解放される。しかも、仮想環境や、仮想/物理混在環境でも問題なく利用が可能であるため、前述のシステムの複雑化という課題にこの製品一つで答えることができるのだ。

 さらに、ブラウザのGUIツールからウィザードで簡単に操作できるなど、運用が容易なのも重要なポイントだ。そのうえバックアップ対象ごとに10万円から利用できるなど、コストパフォーマンスも非常に高い。

 こうなると、あとは実際の使い勝手を確認し、その「手軽さ」を体感するだけだ。そこで今回はCA Technologiesを訪れ、同社が実際に用意してくれたLinux環境にて、実際に製品を操作して確かめてきた。

 LinuxサーバにインストールされたCA ARCserve D2Dが、ネットワーク上の他のLinuxクライアントのバックアップを行うといったことも容易に行えた。以降、その様子を紹介するので、ぜひ参考にして頂きたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]