編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

講演:次世代ネットワーク構築では、段階的アプローチと定石の把握が重要--ユニアデックス上水氏

ZDNet Japan Ad Special

2017-01-20 14:00

[PR]ZDNet Japan/TechRepublic Japan主催セミナーより。テーマは今後10年の企業活動を支えうるネットワークインフラ。ユニアデックスの上水公洋氏が登壇、講演した。


上水公洋氏
ユニアデックス
プロダクト&サービス部 プラットフォームプロダクト室 マーケティングマネージャー

 ユニアデックスのセッションでは、プロダクト&サービス部 プラットフォームプロダクト室 マーケティングマネージャーの上水公洋氏が登壇。「10年後の企業ネットワークのために今行うこと」と題し、コンピューティング環境の変化を10年スパンで振り返り、今後の変化に企業ネットワークがどう対応していくべきかを解説した。

 ユニアデックスは2012年から全社でSDN(Software Defined Networking)に対する取り組みを進め、ビッグスイッチネットワークスの「Big Cloud Fabric」やシスコの「Cisco Nexus 9000/ACI」などを国内で初めて商用導入・稼働させるなど数多くの実績を持つインテグレータだ。特にSDN分野では、アプリケーション開発とネットワーク構築の両方のスキルと経験を持ち、マルチベンダー環境を24時間365日保守までのワンストップサービスとして提供できることが大きな強みとなっている。

この後のダイジェスト

  • 2006年(10年前)の経済環境とネットワークを取り巻く環境を振り返る
  • 企業ネットワークの今後10年の変化
  • 新しいネットワークを技術を有効に取り込んでいる顧客企業に共通して見られる【成功の3要素】
抄録をダウンロードする

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]