クオリティが提案する、バックアップとレプリケーションがひとつになったBCP

ZDNET Japan Ad Special

2011-07-07 13:00

[PR]映像によるセミナーレポートをお届けする。クオリティソフトの平居氏は、いざ という時「戻せない」ようなバックアップは無意味と提言する。では、どういっ たソリューションなら、万一の場面で確実に機能するのか?

 「壊れたときどういうことが起こるのか - その事態を想定し、すみやかな復旧を可能にする冗長化構成を取ることが重要になる」

 ここで紹介するのは、このように語るクオリティソフト取締役兼ビジネス企画 本部 本部長、平居透氏の講演内容だ。平居氏は、「非常時に、ふだんやり慣れていない作業をすみやかに行うことは難しい」と指摘したうえで、今の日本企業、とりわけITに予算や人員を割けない中堅・中小企業に必要なのは「いざというときに直前の状態に戻せるバックアップ」と語る。

 そこで挙げるのが、日々のバックアップと障害時の復旧を同時に実現する「CDP(Continuous Data Protection)」というバックアップ方式だ。クオリティソフトはこのCDPを取り込んだアプライアンス「Quality Quick Recovery」を提供している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]