シマンテックが指南するデータセンター統合セキュリティのアプローチ--「Data Center Security 」で実現する強固なSDDCとは

ZDNet Japan Ad Special 2015年03月24日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[PR]VMware NSXのセキュリティ対策として有効な「Symantec Data Center Security(DCS)」を紹介。同製品はバーチャルアプライアンスとしてVMware NSXへ実装され、サーバのセキュリティに求められる様々な機能を提供する。

 運用管理負担の低減や、ITリソースの有効活用といった観点から、仮想化技術を導入する企業は急増している。最近では、基幹系システムを仮想化環境で運用する企業も少なくない。

 仮想化技術の中でも注目されているのが、データセンターにあるITインフラ全体を仮想化する「Software-Defined Data Center(SDDC)」だ。サーバ、ストレージ、ネットワークすべてをソフトウェアで制御し、大きな1つの「リソースプール」と見立て、それぞれをサービスとして提供するアーキテクチャである。これにより、運用開始後にサーバリソースが不足したとしても、自動で物理マシンが割り当てられるので、導入時のリソース割り当て設定が必要なくなる。また、ネットワーク仮想化により、従来は必要だったケーブル配線やネットワーク機器ごとの個別最適化設定をソフトウェアで実行できるため、柔軟性のあるネットワーク構成が可能だ。

 企業が保有するデータ量が飛躍的に増加し、リアルタイムでのデータ活用がビジネスを左右する状況においては、必要な時に、必要なリソースを、必要な分だけ柔軟かつ迅速に提供できる環境が不可欠だ。そうした中でSDDCは、今後さらに導入が加速することは間違いない。

「マイクロセグメント」による「ゼロトラストモデル」

 仮想環境全体をソフトウェアで制御するSDDC。そのメリットの陰に隠れているのが、セキュリティ対策である。必要な対策は、脆弱性、情報漏えい、標的型攻撃といった脅威への対策で、物理環境で講じている内容と何ら変わりはない。SDDCのセキュリティ対策で留意すべきは、その特性を理解することだ。つまり、「ネットワーク仮想化によって物理的に移動したゲストOSを正しく追従し、柔軟性を損ねることなくセキュリティの強度を保つ」ことである。

 従来のセキュリティ対策と比較してみよう。過去において一般的なデータセンターのセキュリティ対策は、外部ネットワークとの境界にファイアウォールを置き、不正アクセスや情報漏洩、データ改ざんを防止していた。しかし、境界中心のセキュリティ対策は、SDDCのセキュリティ対策としては課題が指摘されている。例えば、1000個のワークロードに対し、すべてに物理ファイアウォールを構築するのは、コストの面からも運用の面からも不可能だからだ。

 また、セキュリティがサーバのプロビジョニング・プロセスに組み込まれていない場合、プロセスの実行順序によってセキュリティ強度にばらつきが発生する。その結果、仮想マシンを脅威にさらすことになりかねない。

 もちろん、こうした脅威に対し、仮想化ソリューションベンダーも手をこまねいているわけではない。SDDCのためのネットワーク仮想化プラットフォームである「VMware NSX」を提供しているヴイエムウェアは、「マイクロセグメント」による「ゼロトラストモデル」で、セキュリティ対策を講じている。

 「マイクロセグメント」とは、従来、サーバなど物理環境単位で制御/管理していたセキュリティ対策を、細かいモジュール単位(マイクロセグメント)で定め、それぞれの中で通信制御/管理を行うものだ。仮想OSやプログラム単位でモジュール化することで、何か問題があった場合でも、その被害を他のモジュールに波及させないという考え方である。

 一方「ゼロトラストモデル」は、「何も信用しない」という思想に基づいた拡散防止型のセキュリティモデルだ。インタフェースやユーザー、アプリケーションだけでなく、モジュール間通信やゲストOS同士でやり取りするパケットも信用せず、制御されたパケットのみでやり取りする。これにより、マイクロセグメントを統合して管理することが可能になる。なお、VMware NSXは、マイクロセグメントごとに設定可能な組み込みのセキュリティサービスとして、ファイアウォール、サーバの行動監視、VPN(IPSEC、SSL)などが備わっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]