京セラコミュニケーションシステム、 「着うた(R)」・「着うたフル(R)」変換ASPサービス 『おとチェン♪』を提供開始

楽曲コンテンツの制作効率の向上を強力にご支援

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年06月15日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS TEL代表 075-623-0311)は、携帯電話向け楽曲コンテンツ制作時における作業効率を格段に向上させる、「着うた(R)」・「着うたフル(R)」のファイルを自動変換するASPサービス『おとチェン♪』を開発し、7月下旬より提供を開始致します。

昨今、「着うた(R)」・「着うたフル(R)」など携帯電話向け楽曲コンテンツが充実し、モバイル音楽ビジネスは急速に市場規模を拡大しています。こうした中、携帯電話向け楽曲コンテンツの配信を手掛けるコンテンツプロバイダは、厳しさを増す競争に勝ち抜くためにも、より一層の魅力あるコンテンツの提供を求められると同時に、増大するコンテンツ制作費の削減を図ることが喫緊の課題となっています。

そこでKCCSは、携帯電話3キャリアに対応した「着うた(R)」・「着うたフル(R)」のファイルを自動変換するASPサービス『おとチェン♪』を開発し、提供を開始致します。
『おとチェン♪』は、1つの楽曲データからキャリアの仕様や携帯電話端末ごとの特性に応じた高音質な配信データを一括で作成できるASPサービスです。Webブラウザベースで簡単に作業ができ、音質調整など、これまで多大なノウハウと工数を要していた作業を高度な変換エンジンにより自動化します。今まで手作業で行っていた膨大なデータ作成作業を効率化し、コストや工数の削減に貢献致します。


<「着うた(R)」・「着うたフル(R)」変換ASPサービス『おとチェン♪』>

■利用料    初期登録料 100,000円(税抜)
          「着うた(R)」600円(税抜)/1アウトプットファイル
          「着うたフル(R)」1,800円(税抜)/1アウトプットファイル
■提供開始日        7月下旬
■初年度販売目標    2億5,000万円


今後もKCCSでは、コンテンツプロバイダやインターネットを活用した様々なサービスを検討しておられる企業に対して、「D@TA Center」とその運用で培ったノウハウを活かした、高付加価値なモバイル技術を提供して参ります。


『おとチェン♪』の主な特徴

●端末の特性を考慮した高音質な楽曲データを簡単に作成可能
 各キャリアのフォーマットや携帯電話端末ごとの特性に関する解析データに基づいて、音質やデータサイズの最適化を行います。これまで高度なノウハウと多大な作業時間を要していた音質調整を自動化でき、変換作業の大幅な効率化とコストダウンを実現します。また、任意のパラメータ設定も可能であり、独自の音質調整にも対応できます。

●「着うた(R)」・「着うたフル(R)」の両フォーマットに対応
 「着うた(R)」・「着うたフル(R)」の両フォーマットに対し、共通のインターフェイスで、高度な圧縮変換機能をご利用いただけるASPサービスです。

●変換だけではないトータルサービスを提供
 これまでコンテンツプロバイダが手作業で行っていたWAV*1の切り出しや実機チェックといった工程までトータルでサポートするオプションサービスも提供致します。

■対応機種
 ・NTTドコモ、au、Vodafoneの全ての「着うた(R)」対応の携帯電話端末
 ・au、Vodafoneの全ての「着うたフル(R)」対応の携帯電話端末

■対応ブラウザ(管理用PC)
 Windows Internet Explorer6.01以上
 Macintosh Internet Explorer6.1以上


*1 Windows標準の音声ファイルの形式。「WAVE形式」などとも呼ばれる。
音声信号をデジタルデータに変換したものを記録するための保存形式などを規定している。

* 本サービスは、ご採用いただきましたコンテンツプロバイダ様に対しまして、
各キャリアでの公式コンテンツ採用を保証するものではありません。

*「着うた(R)」「着うたフル(R)」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの商標または登録商標です。

* 製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!