『お手軽社内ブログ「サイボウズブログ」が「MM総研大賞2007 話 題賞」を受賞 ~IT産業に大きなインパクトを与え、大きな話題を 集めたことが評価~』

サイボウズ株式会社 2007年07月10日

サイボウズ株式会社 (本社: 東京都文京区 代表取締役社長 青野
慶久 (本名: 西端 慶久) 以下サイボウズ) は、株式会社MM総研 (
本社: 東京都港区 代表取締役所長 中島 洋 以下MM総研) 主催
の「MM総研大賞2007」において、本日、2007年7月10日 (火)、お手
軽社内ブログ「サイボウズブログ」が「話題賞」を受賞したことを
発表いたします。

「MM総研大賞2007」(審査委員長: 石田晴久 東京大学名誉教授) は
、IT分野で積極的に新商品、新市場の開拓に取り組んでいるベンダ
ーを表彰するもので、2004年に創設され、今年で4回目となります
。今年の「MM総研大賞2007」ではIT産業に大きなインパクトを与え
、大きな話題を集めた製品・サービスとして「サイボウズブログ」
が「話題賞」を受賞いたしました。この「話題賞」では、まずIT関
連9分野の58商品が候補として選出され、インターネットアンケー
トと外部有識者を含む審査委員会の審査を経て、「06年度話題性」
「07年度話題性」「将来的影響力」の3つを評価基準に「サイボウ
ズブログ」が最終的に選定されました。

今回受賞した「サイボウズブログ」とは、2006年10月31日 (火) に
発売開始したイントラネットで利用する社内専用ブログです。当製
品をご利用いただくことで、組織や立場の枠を超え、経営者から現
場の社員までが日々感じている疑問や業務に関係するニュース、知
恵などを気軽に発信でき、企業の風通しを更に良くすることが可能
になります。サイボウズは、お客さまに社内ブログの有用性につい
てご理解いただくため、当製品をホームページ
(リンク ») で一般公開し、無償で60日間
ご試用できるようにするなど、様々なプロモーション活動を行って
きましたが、これが非常に好評で、発売以来 (8ヶ月間)、約4,000
件ものダウンロードがありました。これからも社内ブログへの理解
を更に深めていただけるようにプロモーション活動に注力してまい
ります。

■受賞日
・2007年7月10日 (火)

■MM総研大賞2007 ホームページ
・ (リンク »)

■サイボウズブログ ホームページ
・下記ホームページから本製品をダウンロードでき、無償で60日間
ご試用いただけます。
  (リンク »)

■マスコミ各社様向け画像ページ
・下記ページから製品のロゴやキャプチャ画像をダウンロードいた
だけます。ご自由に利用ください。
  (リンク »)

------------------------------------------------------------
《マスコミ各社様からのお問い合わせ先》
サイボウズ株式会社 担当:村松
 〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12F
 MAIL:pr@cybozu.co.jp
TEL:03-5805-9037 / FAX:03-5805-9036
《一般の方からの製品・購入についてのお問い合わせ先》
 サイボウズ インフォメーションセンター 
 MAIL:contactus@cybozu.co.jp
 TEL: 03-5805-9011
(平日9:00~12:00 / 13:00~17:30 土日祝日、年末年始を除く)
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ株式会社の関連情報

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!