大陽日酸、グループ8000人で「kintone」を活用--推計で年間最大400万円を削減

NO BUDGET

2023-11-07 13:41

 サイボウズは、日本酸素ホールディングスグループ傘下で国内産業ガス事業を手掛ける大陽日酸が、アプリケーション作成ツール「kintone」をDX推進に活用していると発表した。

 大陽日酸ではグループ53社・約8000人がkintoneを活用し、600以上のアプリケーションを作成、運用している。こうした中で、例えば、契約書管理アプリケーションの効果では年間約400万円のコスト削減を見込んでいるという。

 大陽日酸は、kintoneの導入により外部環境から安全でタイムリーに業務ができる職場環境づくりの実現できたとしている。また、IT部門以外の現場メンバーによるアプリケーション開発基盤が整い、脱属人化に成功した。さらにペーパーレス化を実現し、大幅なコスト削減を達成できたという。

kintone 導入効果の一例
kintone 導入効果の一例

 kintoneは、サイボウズが提供するノーコード/ローコードツールで、主な機能に「データベース+ワークフロー+コミュニケーション」の特性がある。ITの知識がなくても自社の業務に合わせたアプリケーションを作成でき、日々変化する業務に合わせた改良も簡単に素早くできる。

 大陽日酸は、業務効率化やコスト削減も目標として掲げる一方、その先にある企業風土改革を重点戦略に掲げ、あらゆる変化にも対応できる強い組織作りを目指している。IT部門はチームミッションを「開発から教育ルール作りへ」と設定し、「kintone道場」と名付けた社内講習会を定期開催している。IT部門以外の現場メンバーが自らアプリ開発に取り組める企画を実行し、今後も受講者を増やす予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]