デザインエクスチェンジは、サービスや製品など事業におけるさまざまな情報を、幅広く発信するためのビジネスブログ「DEX BLOG」を公開開始

デザインエクスチェンジ株式会社 2007年08月07日

デザインエクスチェンジ株式会社は、2007年8月1日(水)より、サービスや製品など、事業におけるさまざまなジャンルの情報を、ユーザーにむけて幅広く発信するためのビジネスブログ「DEX BLOG」の公開を開始いたしました。

デザインエクスチェンジ株式会社(代表取締役:森谷 一彦 本社:東京都目黒区)は、2007年8月1日(水)より、さまざまな実施サービスや、各種取扱いコンテンツに関する情報を、ユーザーに向けて幅広く提供するためのビジネスブログサイト「DEX BLOG」をオープンいたしました。
「DEX BLOG」では、普段ユーザーがなかなか知りえないコンテンツ開発の裏側や、写真、フォント、イラストなど、デジタルコンテンツに関するウンチク、代表取締役による「社長ブログ」など、デザインエクスチェンジ株式会社ならではの情報を、担当社員自らが執筆し、お届けいたします。
コンテンツ検索の息抜きに、また、デジタルコンテンツにまつわるレアな情報にご興味がおありの方は、ぜひ一度、ご覧ください。
なお、「DEX BLOG」は、デザインエクスチェンジ株式会社のホームページ( (リンク ») )や、デザインのポータルサイト「DEX WEB( (リンク ») )」からもご覧いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□ 【DEX BLOG】について

【DEX BLOG】( (リンク ») )は、デザインエクスチェンジ株式会社の事業内容や、取扱いコンテンツにまつわるさまざまな情報を、担当社員自らが発信するビジネスブログサイトです。普段なかなか知ることのできないコンテンツ開発の裏側や、写真、フォントなどに関する薀蓄など、デジタルコンテンツを取扱う企業ならではの情報が満載です。

□【DEX WEB】について

【DEX WEB】( (リンク ») ) は、誰もが必要な時に、必要なデザインを手に入れることのできる環境(DesignEXchange=デザインの取引所)を実現する“デザインのポータルサイト”です。
クリエイターやデザイナーの高度な要求にマッチする高品質なコンテンツを、多彩な制作ニーズに合わせて提供しています。60万点超に及ぶロイヤリティーフリー写真を始め、フォントやイラスト、ビジネス書類・WEB制作用のデザインテンプレート、ソフトウェア、定額制素材ダウンロードサービスなど、総取扱い点数は約95万点に及びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□ 本件についての問合せ先
デザインエクスチェンジ株式会社 ウェブ本部 ウェブ部 石田 真吾
press-dexweb@dex.ne.jp

デザインエクスチェンジ株式会社
153-0051 東京都目黒区上目黒2-9-35 中目黒GS第2ビル
TEL:03-5704-7350(代) FAX:03-5704-7351
(リンク »)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※本リリースに記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

デザインエクスチェンジ株式会社の関連情報

デザインエクスチェンジ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!