子会社の携帯電話向けコンテンツ配信事業の中止に関するお知らせ

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2008年03月11日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS)は、子会社であるKYOCERA COMMUNICATION ASIA PACIFIC PTE.LTD.の、携帯電話向けコンテンツ配信事業を中止することを決定しましたので、下記の通りお知らせ致します。

1. KYOCERA COMMUNICATION ASIA PACIFIC PTE.LTD.の概要
所在地298, Tiong Bahru Road, #14-05 Central Plaza, Singapore 168730
代表者Siva Sivanandam
資本の額  14,400,000シンガポールドル
株主構成  京セラコミュニケーションシステム株式会社100%出資

2. 携帯電話向けコンテンツ配信事業の中止
2008年3月末をもって、タイ・シンガポールにおける、携帯電話向けコンテンツ配信事業を中止致します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?