株式会社アドライト、工事進行基準対応のためのコンサルティングを提供開始

株式会社アドライト 2008年07月10日

From DreamNews

経営コンサルティングの株式会社アドライト(代表取締役社長:木村忠昭)は、2008年7月より、工事進行基準に対応するためのコンサルティングサービスを開始しました。
2009年4月1日以後開始の事業年度より同基準が原則適用となるため、建設業界・IT業界を中心に早急な対応を迫られています。さらに、大手ITベンダー各社の9割以上が工事進行基準を採用するという調査結果も発表されており、工事進行基準に対応するための体制作りが必要になっています。
株式会社アドライトでは、従来より、「個別原価計算」や「ソフトウェア会計基準」をテーマとした企業研修、及びプロジェクト管理システム構築支援を実施してきました。今回は、これらのサービスと合わせて、工事進行基準に対応するための最適なソリューションを提案するコンサルティングサービスを提供します。
工事進行基準に関する初回カウンセリング(約1時間)は無料となっており、工事進行基準に関するメール配信や研修サンプル資料の請求も可能です。詳細は、近日中にウェブサイト上で公開予定ですのでそちらをご覧頂くか、下記まで直接お問い合わせ下さい。

■サービスの流れ
工事進行基準に関する初回カウンセリング
-弊社スタッフが直接訪問し、現在の状況と今後の対応方法についてカウンセリングを行います。その際に、既存のプロジェクト管理システムを利用するか、新しくプロジェクト管理システムを購入するかについてのアドバイスをいたします。
(下矢印)
既存のプロジェクト管理システムを利用する場合
-既存システムの利用のために必要な要件と運用方法について、継続的なアドバイスを行います。
-必要に応じて、既存システム利用のための企業研修を設計・実施いたします。  
(下矢印)
新しくプロジェクト管理システムを購入する場合
-必要な要件の洗い出しを実施し、最適な業務システムの導入をお手伝いいたします。
-必要に応じて、新規システム導入と効果的な運用のための企業研修を設計・実施いたします。

■問い合わせ先
株式会社アドライト コンサルティング事業部
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第2ビル3階バイズ城山
TEL:03-5408-7763(平日10:00-18:00)FAX:03-5408-7764
MAIL:info@addlight.co.jpURL: (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!