京セラコミュニケーションシステム、セキュリティサービスを拡充

~企業ネットワークに存在するネットワーク資産およびサーバ設定情報の把握をアウトソーシングサービスとして展開~

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2008年08月06日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 小林元夫 以下KCCS)は、企業ネットワークに存在するネットワーク資産やリスクを収集・評価するための「SecureOWL(セキュアオウル)ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」および「サーバ設定確認サービス」の提供を8月20日より開始致します。


昨今、さまざまな法整備への対応や頻発するセキュリティ被害への対策として、企業のITリスクマネジメントを適切に実施するためのIT統制環境の構築が求められています。
IT統制の構築には、現状のシステム環境を把握し、リスクの洗い出しと評価を実施する必要がありますが、システム環境の把握が困難なためネットワーク資産情報を正確に管理できずに悩む企業が増えてきています。


KCCSは、こうした課題を解決するため、企業のネットワーク資産を台帳化する「SecureOWLネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」とサーバ設定情報をレポーティングする「サーバ設定確認サービス」 の提供を開始します。これにより、ネットワーク資産およびサーバ設定情報を効率的かつ効果的に収集すると同時に、さまざまな視点からの分析・レポーティングが可能となり、企業のIT統制環境の構築をサポートします。また、手間のかかるネットワーク資産およびサーバ設定情報の確認作業をアウトソーシングすることで、システム管理者の業務負荷を大幅に軽減でき、貴重なリソースをより有効に活用することが可能となります。


それぞれのサービス概要は以下の通りです。


①「SecureOWL(セキュアオウル)ネットワーク資産&リスク洗い出しサービス」
お客様のネットワーク内に診断装置を設置し、KCCSのセキュリティエンジニアがリモート操作により、イントラネット内に接続されているサーバ・ネットワーク機器の洗い出しを行うサービスです。稼動中のOS、サービス、アプリケーション情報と脆弱性リスクを台帳化し、CSV形式のデータおよびサマリーレポートを提供致します。


料金:598,000円~(税抜)
※お客様の環境へ訪問しての洗い出しサービスはオプションとなります。弊社営業までお問合せください。
診断期間:7日間
対象:診断装置からスキャン可能な範囲
※本サービスは、脆弱性診断アプライアンスであるnCircle IP360を利用して行います。nCircle IP360により、リモートから1,500種類以上のOSと5,100種類以上のアプリケーションの利用状況が確認できるとともに対象機器の脆弱性リスクを把握できます。


②「サーバ設定確認サービス」
KCCSのセキュリティエンジニアがお客様を訪問し、利用されているサーバの設定情報の確認とレポーティングを代行するサービスです。管理者権限のあるユーザの一覧や稼動状態を含めたサービスの一覧、またはインストール済みパッチやパッケージ情報などのレポートを即座に提供致します。


【基本サービス】
※収集した全ての設定情報を表示させたレポート


■サービス名:設定確認サービス
料金:250,000円(税抜)
サービス内容: ヒアリングシートをベースに、サーバの設定確認を収集致します(オンサイト対応)。
対象:最大5モジュール


■サービス名:モジュール追加サービス
料金:14,000円(税抜)
サービス内容:設定確認サービスの対象モジュールが5モジュールを超える場合に、モジュールを追加するサービスです。
対象:1モジュール単位


【オプション】
※1レポートに表示可能なモジュールは1つのみ


■サービス名:目的別レポート作成サービス
      料金:125,000円(税抜)
サービス内容:必要な情報のみを目的に応じて表示させたレポートです。
    対象:1レポート単位


■サービス名:レポート追加 サービス
      料金:10,000円(税抜)
サービス内容:目的別レポート作成サービスに1レポート追加するサービスです。
     対象:1レポート単位


※本サービスは、Ecora Auditor Pro. を利用して行います。Ecora Auditor Pro.は、エージェントレスでお客様の企業内に散在している各サーバの設定情報を確認します。Windows®・UNIXなどのOS、SQL Server®・Oracle・DB2などのデータベースや、IIS・Active Directory®などのアプリケーションの設定情報を洗い出すことができます。

※モジュールは、Ecora Auditor Pro.が対象とする、OS・アプリケーションの1プラットフォームに該当します。


KCCSは、米国ニューヨーク証券取引所に上場する京セラのグループ会社として、2002年より米国企業改革法(米国SOX法)にICTを活用し対応して参りました。この実績から、企業における内部統制強化をサポートする「内部統制ソリューション」を提供しております。今後も“情報を守る、情報を活かす、そして経営を伸ばす”をコンセプトに、企業が求める「あるべき姿」を実現するために、さまざまな製品やサービスを提供して参ります。


*製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR