エフセキュアのLinux向けセキュリティソフトウェア3製品 TurbolinuxサーバーOS最新版への対応を発表

TLホールディングス株式会社 2008年11月04日

ターボリナックス株式会社は、エフセキュア株式会社が開発・提供するLinux向けセキュリティ製品の最新版「エフセキュアLinuxセキュリティ フル エディション」「エフセキュアLinuxセキュリティ コマンドライン エディション」「エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイV3.0」が、企業のインターネット系サーバーとして機能・パフォーマンスともに最適化された「Turbolinux 11 Server」に対応したことを発表しました。

■ サーバー 対応ソフトウェア情報
(リンク »)

- エフセキュアLinuxセキュリティ フル エディション : Linuxサーバー向け統合型セキュリティ・ソリューション(GUI操作)
- エフセキュアLinuxセキュリティ コマンドライン エディション: Linuxサーバー向け統合型セキュリティ・ソリューション(コマンドライン操作)
- エフセキュア アンチウィルスLinuxゲートウェイV3.0 : Linuxプラットフォーム向けゲートウェイ・ウィルス対策ソフトウェア

今後も随時当社OS製品の対応アプリケーション情報を更新し公開することでユーザーに多様な選択肢とより快適な環境を提供してまいります。

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。