シーメンスPLMソフトウェア、 Solid Edge 2D Draftingの最新版を無償配布

~2Dから3Dへの移行を強力にサポートする無償ダウンロード・プログラム~

シーメンスPLMソフトウェア 2008年11月21日

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、 製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて 世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは 本日、無償配布のSolid Edge(R) 2D Draftingソフトウェアの最新版を リリースしたことを発表しました。同最新版は10ヵ国語に対応し、 今すぐダウンロードして使用することができます。

シーメンスPLMソフトウェアは、中堅・中小企業が2Dから3Dへの
設計に簡単に移行できることを目的に、2年前から
Solid Edge 2D Draftingソフトウェアを無償配布しています。
これまで18万のユーザがこのソフトウェアをダウンロードし、
そのうち21%がすぐにでも3Dに移行する計画であると答えています。

「当社はボート業界向けの特注排気システムの設計に
Solid Edge 2D Draftingを使い始めました。このソフトウェアは無償であり、
3Dへの移行を保証していました。実際、3Dに移行してみたら、
その主張が本当であることを実感しました。今では、2D設計を
直接3Dシステムにインポートして使用しています。3Dシステムの
操作もすぐに覚えられました。Solid Edge 2D Draftingでスケッチ操作や
ユーザ・インターフェースのナビゲート操作を学習していたからです。
これまで4ヵ月を要していた設計時間がなんと2日に短縮し、
設計プロセスを大幅に効率化することができました」と、
K & B Performanceの社長、Dan Buckley氏は述べています。

Solid Edge 2D Draftingは、Velocity Series(TM)製品ポートフォリオに
含まれているスタンドアロンの2D CADソフトウェア・コンポーネントです。
ISO、ANSI、BSI、DIN、JIS、UNIなどの製図規格に自動的に準拠する
作図レイアウト、ダイアグラミング、注記、寸法制御など、
実際の設計現場で高い評価を得ている2D作図機能を搭載しています。
Solid Edge 2D Draftingは、業界初のノン・ヒストリ型フィーチャ・ベースの
3D CADシステムであるSolid Edgeとの完全な互換性が保証されています。

Solid Edge 2D Draftingの最新版は次のような機能を提供して、
3Dシステムへの移行をさらに容易にします。
- パラメータによる2Dスケッチング・コンセプトの導入。プロファイルの
作成が簡単で、3Dモデルに直接展開して再利用することができます。
- Solid EdgeのGoal Seek機能を搭載。未知のパラメータを最適化して
決定するGoal Seek機能により、2D設計をさらに洗練させることができます。
- 整合性のある新しいユーザ・インターフェースの採用。
Microsoft Office(TM) 2007製品と同じルック&フィールで
操作することができます。

「このソフトウェアが好評を得ていることは、何千もの2Dユーザが
3Dシステムに移行して生産性を上げたいとのニーズがあることを
示しています」と、シーメンスPLMソフトウェアの
Velocity Seriesグローバル・マーケティング担当バイスプレジデントの
Bruce Boesは述べています。

Solid Edge 2D Draftingはライセンス・フリーであり、
無償でダウンロードして使用することができます。また、わずかな費用で
本製品のオプションのサポート・サービスと自動更新サービスを受けること
ができます。本製品の詳細またはダウンロードについては、
(リンク »)  (日本語版)を
ご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで
世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、550万ライセンスに
およぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを
本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じて
グローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、
企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの
製品・サービスの供給・普及に貢献しています。
シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で
世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに
向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。
産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、
製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、
製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
Solid EdgeおよびVelocity Seriesは、米国およびその他の国における
Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.または
その子会社の商標または登録商標です。Microsoft Office(TM)は
Microsoft Corporationの商標または登録商標です。その他の商標、
登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!