編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シーメンスPLMソフトウェア、シンクロナス・テクノロジを実装した CAM Expressの出荷を開始

~CAMデータの作成を高速化するシンクロナス・モデリング技術~

シーメンスPLMソフトウェア

2008-12-24 15:00

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、 製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて 世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは 本日、世界の顧客に向けてシンクロナス・テクノロジを搭載した CAM Expressの出荷を開始したと発表しました。 CAM ExpressはVelocity Series(TM)製品ポートフォリオに含まれている CAMコンポーネントですが、今回の新バージョンには画期的な ノンヒストリ型フィーチャ・ベースのモデリング技術が実装されています。
CAM Expressバージョン6.0.1には、NCプログラミングの準備を
高速化するシンクロナス・テクノロジに基づいたモデル編集ツールが
追加されています。シンクロナス・テクノロジが実装されたことで、
ユーザはマルチCADデータをネイティブ・データのように迅速かつ
簡単に編集できるようになります。

「CAM Expressは、CADシステムを除けば、
この新しいシンクロナス・テクノロジを実装した最初のソリューションと
なります。このことは、PLMの他の分野にもシンクロナス・テクノロジを
活用できる拡張性があることを示しています」と、
シーメンスPLMソフトウェアのVelocity Series開発担当
バイスプレジデントのBill McClureは述べています。

CAM Expressのモデル編集ツールに新たに追加された重要な機能は、
シンクロナス・テクノロジによるモデリング機能ですが、その他にも、
ワイヤフレーム、サーフェス抽出、ソーイング(縫合)、投影、
トリミング/延長、単純ソリッドなどの多くのモデル編集ツールが
用意されています。これらのモデル編集機能が新バージョンで
拡充されたことによって、NCプログラマはモデルを
再度リフレッシュしたり、顧客や設計部門に編集を戻したりする
ことなく、必要なモデルの変更を直接行うことができます。

CAM Expressは特定のCADシステムに依存しないCAMシステムですが、
CAD専用システムよりも迅速かつ簡単に編集作業を行うことが
できます。モデルがどのCADシステムで作成されたかはもはや
問題ではありません。シンクロナス・テクノロジでは、
「マウス操作での直感的な形状編集機能」によってトポロジーごとに
インテリジェントな選択が行われます。

「シンクロナス・テクノロジはモデル上に現れているジオメトリ条件を
自動的に検知して、その条件を編集中ずっと維持するのです」と、
CPDA社のPLMリサーチ担当ディレクタのKen Versprille博士は
述べています。

Velocity Seriesは、PLMに対するミッド・マーケットのニーズを
満たすモジュール式の統合ソリューションからなる包括的な
製品ポートフォリオです。デジタルによる製品設計、解析、製造、
データ管理の各機能があらかじめ設定され、
業界のベスト・プラクティスを活用してこれまで経験したことのない
実に簡単な導入方法と操作性を提供します。

詳細については、www.siemens.com/plm/camexpressをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、
シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、
PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、
550万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアをヒット製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに
関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は
多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指の
ソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を
最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
Velocity Seriesは、米国およびその他の国における
Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.または
その子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、
サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]