編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

サイボウズのメール共有システムの最新版「サイボウズ メールワイズ 4」 TurbolinuxサーバーOSへの対応を発表

TLホールディングス株式会社

2009-08-11 11:30

ターボリナックス株式会社(TLホールディングスグループ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一)は、サイボウズ株式会社が提供するメール共有システムの最新版「サイボウズ メールワイズ 4」が、企業のインターネット系サーバーとして機能・パフォーマンスともに最適化された「Turbolinux 11 Server」及びインターネットサーバー構築・管理ソフトウェアの最新版「Turbolinux Appliance Server 3.0」に対応したことを発表いたします。優れたUI管理・操作画面を備えたWebベースのメール共有ソフトの最新版を、機能面やコスト面共に最適な環境で利用することが可能です。

■ サーバー対応ソフトウェア情報
(リンク »)

今後も随時当社OS製品の対応アプリケーション情報を更新し公開することでユーザーに多様な選択肢とより快適な環境を提供してまいります。

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]