アバイア、ユニファイド・コミュニケーション分野においてリーダー・クアドラントに位置付けられる

日本アバイア株式会社 2009年09月14日

<米国発9月9日発表 プレスリリース抄訳> 企業向けコミュニケーション・アプリケーション、ソフトウェア、サービスの リーディング・プロバイダーである米アバイア・インク(以下「アバイア」) は本日、ガートナー社が発行したユニファイド・コミュニケーション分野にお ける2009年度のマジック・クアドラント・レポート(*)において、同社がリー ダー・クアドラントに位置付けられたと発表しました。

2009年度のマジック・クアドラント・レポートは、バーナード・エリオット
(Bernard Elliot)とスティーブ・ブロッド(Steve Blood)により作成され、
ベンダー各社をビジョンと実行能力に基づいて、リーダー、チャレンジャー、
ビジョナリー、ニッチ・プレーヤーの各クアドラントに位置付けます。

ガートナーはユニファイド・コミュニケーション(以下「UC」)製品(ハード
ウェア、ソフトウェアおよびサービス)を複数の企業コミュニケーション手段
を最適化すると定義しています。これには、コミュニケーション手段の構成、
管理、統合が含まれます。ガートナーはUCを音声およびテレフォニー、会議シ
ステム(音声、ビデオ、ウェブ)、メッセージング(電子メール、ユニファイ
ド・メッセージング、ボイスメール)、プレゼンスおよびインスタントメッセ
ージング(IM)、一貫したインターフェースからのアクセスを実現するクライ
アント機能、コミュニケーション・アプリケーションの6つのコミュニケーシ
ョン分野に分類しています。ガートナーのレポートに含まれるベンダーは、3
分野以上においてソリューションを提供していることが条件になります。

マジック・クアドラント・レポートに含まれるベンダー各社はビジョンの完全
性と実行能力に基づき評価されます。実行能力において、ガートナーのアナリ
ストはUC製品プロバイダーを品質、効果、および個人、グループ、企業コミュ
ニケーションを向上させる製品、システム、ツール、手順の総合的な完成度よ
り評価しました。ビジョンの完全性において、UCベンダーは現在および将来の
市場の方向性、革新、顧客のニーズおよび競合力に関して論理的な意見を明確
に示す能力と、それらを市場向けに描く能力が評価されました。

ガートナーによると、リーダー・クアドラントに位置付けられたベンダーは包
括的で統合されたUCソリューションを直接、または明確なパートナーを通じて
販売しており、市場の全てのニーズに対応しています。これらのベンダーは
主要なUC分野における製品に向けた定義付けした移行および評価プランを持
ち、これらのソリューションセットを活用し顧客リストに新規顧客を追加し、
新たな領域における顧客数を増加させています。

アバイアのシニアバイスプレジデント兼グローバル・コミュニケーション・ソ
リューション担当プレジデントであるアラン・バラッツ(Alan Baratz)は
「Avaya Aura(TM) はユニファイド・コミュニケーションの状況を変えました。
Avaya Auraにより、顧客はレガシーのコミュニケーション・インフラストラ
クチャを統合し、次世代SIPテクノロジーを導入することが可能になります。
この取り組みは従業員に複数のデバイス間で音声、ビデオ、メッセージング
・アプリケーションを通じあらゆる場所で通話ができる新しい柔軟性を提供
します。さらに重要なのは、企業に複雑なネットワークの簡素化とインフラス
トラクチャーコストの削減を提供することです。結果は飛躍的であり、顧客
はAvaya Auraを導入した数ヵ月後に投資に対する収益を得た実例もあります」
と述べています。

ガートナーのマジック・クアドラント・レポートの詳細については、
(リンク »)
をご覧ください。

<アバイア(Avaya Inc.)について>
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は
企業向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。アバイア
は、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、コンタクトセンター向
けソリューションおよび関連サービスを直接、またはチャネルパートナーを通じ
て世界中の企業に提供します。企業の業務効率、コラボレーション、顧客サービ
スおよび競争力を向上するアバイアの最先端のコミュニケーションテクノロジー
は、あらゆる規模の企業に利用されています。
詳細は、アバイアのWebサイト (リンク ») をご覧ください。
日本アバイアについては、 (リンク ») をご覧ください。

<マジック・クアドラントについて>
マジック・クアドラントは、2009年9月1日時点でガートナーが著作権を有してお
り、その許諾を得て再掲しています。マジック・クアドラントは、特定の時点や
期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの
採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた
場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアド
ラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを奨励するものでは
ありません。また、「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみ
を選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。マジック
・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く
意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチ
の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保障を行うものではありません。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。Avaya Auraは
Avaya Inc.の商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社
電話: 03-5575-8850 e-mail: jpmarketing@avaya.com

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
日本アバイア株式会社 マーケティング部 広報担当 坂田 
電話: 03-5575-8829 e-mail: sakata@avaya.com
(広報代行)株式会社プラップジャパン 落合 電話: 03-4570-3191

用語解説

*:「Magic Quadrant for Unified Communications, 2009」
by Bern Elliott and Steve Blood, Sept. 1, 2009.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。