環境配慮型データセンタの構築・運用サービス開始について

株式会社日立システムズ 2010年03月12日

 株式会社日立情報システムズ(執行役社長:原 巖、本社:東京都品川区大崎、以下 日立情報)は、お客様の地球温暖化防止への取り組みを支援する環境データセンタサービス「eCOOL」(注1)の第2弾として、地球環境に配慮したデータセンタの構築・運用サービスを、3月末より開始します。

 近年、IT機器の高性能化に伴う発熱量増加や高集積化による電力増加により、データセンタの省電力、熱対策のニーズが高まっています。
 システム運用を中核事業とする日立情報では、仮想化技術の適用やデータセンタ設備の省電力化・空調効率改善対策を中核にした「環境データセンタ構想」を2007年から推進し、地球環境に配慮したITサービスのノウハウを蓄積してきました。一方で、昨年、株式会社日立製作所の「モジュール型データセンタ(注2)」を活用した環境モデルセンタを自社保有の湘南センタ内に構築し、省電力・省スペースなデータセンタの構築・運用の実証実験をしてきました。
 今般、こうした自社で培った経験とノウハウを投入し、「モジュール型データセンタ」を活用して省電力・省スペースのデータセンタをお客様のオフィス内に構築するサービスを3月末より開始します。本サービスは、データセンタ構築前の環境診断クリニックから設計・構築、運用までワンストップで支援するのが特長で、お客様のITシステムの省エネルギー化推進と設備・運用コストの削減を実現します。
 具体的なサービス内容は、次を予定しています。


【日立情報サービスの概要】
(1)環境診断クリニックサービス
 データセンタ設置場所の診断サービスや、既存のデータセンタを調査・分析してエネルギー効率を改善するサービスを提供します。


(2)設計・構築サービス
 「モジュール型データセンタ」を活用して、省電力・省スペースのデータセンタを短期間で設計・構築します。


(3)運用サービス
 日立情報独自のノウハウを活かした遠隔運用システムにより、お客様のデータセンタを遠隔運用します。




(注1)「eCOOL」、「環境データセンタ」は、日立情報の登録商標です。


(注2)モジュール型データセンタサーバやストレージ装置などのIT機器を搭載したラック、冷却装置などを、小規模な一つの「モジュール」内に機器稼働効率が最大となるよう配置し、システム環境を構築する株式会社日立製作所のソリューション。お客様の必要に応じて柔軟にデータセンタの拡張が可能です。
詳細はこちら (リンク ») を参照下さい。

このプレスリリースの付帯情報

<環境配慮型データセンタの構築イメージ>

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。