FAQシステム『OKBiz Support Ver.7.2』発売開始

株式会社オウケイウェイヴ 2012年04月25日

FAQ(よくある質問とその回答)ソリューションの提供、Q&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、国内FAQ市場シェアNo.1であるFAQシステム『OKBiz Support』をバージョンアップした最新版『OKBiz Support Ver.7.2』を2012年4月25日より発売開始しました。

(リンク »)

このたび販売開始した『OKBiz Support Ver.7.2』では、「FAQ」を活用したユーザーサポートをはじめとする社内外のお問合わせ対応の現場で求められる新機能を搭載しました。とくに企業サイトとFAQサイトをより密接に連携させることができるWebAPI群を充実させました。WebAPIを活用することで、より自由度の高いデザインでFAQサイトを構築できることに加え、昨今普及が進むスマートフォンからFAQを参照できるようなスマートフォンアプリも作成できるようになります。また、ブログパーツのように簡単に企業サイト内にFAQコンテンツを配置できるなど、各種フォーマットのAPIに対応させました。
この他にも、あらかじめ設定した検索条件に合致するお問合わせをワンクリックで表示できる「カスタムビュー機能」の強化や、不達メールの検知機能など、大規模なお問合わせセンターでの業務効率化やCS向上に寄与する機能を充実させました。さらに、お問合わせ対応業務に関する評価指標やレポート機能も強化。お問合わせの一次解決率などお問合わせセンターの評価指標として重要な項目をグラフィカルに表示し、週次・月次でのパフォーマンス測定も簡単にできるようになりました。また、お問合わせ担当者ごとの回答作成時間などの新たなレポート項目を用意し、担当者の生産性などの業務効率の測定も『OKBiz Support』システム上で詳細に行えるようになりました。

FAQシステム『OKBiz Suppot』の導入により、「FAQ」を活用し重複するお問合わせを削減することで、ユーザーからのお問合わせ対応業務の品質向上と平準化、効率化によるコスト削減を実現するとともに、CS(顧客満足度)向上や売上の促進を側面から支援します。『OKBiz Suppot』は金融業界をはじめ、製造業、流通、インターネットサービス業、自治体など様々な業種・官公庁に至るまで活用されています。

同社では、本システムを今後1年間で100サイトへの導入を目指します。また、『OKBiz Support Ver.7.2』より、PCのみならずスマートフォン、フィーチャーフォンからの利用についても標準機能として提供します。

同社は『OKBiz Support』を通じて、BtoC、BtoB、社内外を問わず、スムーズで分かりやすい情報提供や問題解決策の提示が必要な場面においてFAQを活用したソリューションを今後も提供してまいります。

※Web API(Web Application Program Interface):提供されている機能をインターネット経由で呼び出すことで、その機能を利用したアプリケーションを作成することができること。

■FAQシステム『OKBiz Support』について
(リンク »)
『OKBiz Support』は米国最大のヘルプデスク業界団体HDIと共同で策定したFAQの作成・編集・承認・公開のワークフローの業界標準「FAQ Management」を実装し、FAQ生成に関する特許技術を有するFAQシステムです。HTMLの知識がない担当者でもFAQ更新等に関わる作業をWebブラウザ上にて簡単に作成・管理・運用できます。『OKBiz Support』の導入により平均約30%のお問合せを削減(OKWave調べ)。国内大手企業、自治体を中心に220サイト以上が採用、2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」( (リンク ») ) を開設し、運営しています(月間PV:1億800万以上 ※2011年12月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトなど100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するFAQシステム「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」( (リンク ») )、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」( (リンク ») )、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」( (リンク ») )、個人間の知識・スキルのソーシャルコマースサイト「Abilie(アビリエ)」( (リンク ») )等、2012年中の20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を視野に、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

OKBiz Support Ver.7.2

用語解説

Web API(Web Application Program Interface):提供されている機能をインターネット経由で呼び出すことで、その機能を利用したアプリケーションを作成することができること。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]