シーメンスPLMソフトウェア、LMS Imagine.Labの最新バージョンを発表

シーメンスPLMソフトウェア 2013年12月16日

シーメンスPLMソフトウェアは、メカトロニクス・システムのシミュレーションと
コラボレーティブな設計のための最先端プラットフォーム「LMS Imagine.Lab
ソフトウェア」の最新バージョン(Rev.13)のリリースを発表しました。最新
バージョンでは、プラットフォームのさらなるオープン性とシステム・インテ
グレーションの効率性向上、ならびにコラボレーション強化による高度な
製品の複雑性管理に焦点を当てた数多くの新機能と機能強化が図られて
います。

LMS Imagine.Labソフトウェアは、熱流体、電気、内燃機関、トランスミッション、
機械系3Dモデリングをはじめ、複合領域にわたって数多くのモデリング機能
とメソッドを提供します。これまで主に自動車、地上車両、航空機、機械など
の業界に特化していましたが、今回のバージョンアップにより、すべての
製造業界において利用が可能となりました。


・LMS Imagine.Lab Rev13の新機能と機能強化について
(リンク »)

・LMS Imagine.Lab Rev13の製品リリースについて(PDF)
(リンク »)


LMSについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェアについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitterアカウント
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]