アストロスケールの最先端の宇宙開発を、FemapとNX Nastranでサポート

シーメンスPLMソフトウェア 2016年04月05日

小型衛星の開発・製造、宇宙環境テストなどの宇宙事業を行う、株式会社アストロスケール(東京都墨田区、以下 アストロスケール)は、シーメンスPLMソフトウェアの「Femap」と「NX Nastran」を導入し、3D CADモデルから解析用モデルを作成し効率的な解析を可能にしたほか、試作レス開発を実現しました。また、外部組織とのデータをそのままCAEで連携できる、柔軟なインターフェイスで協力企業との開発コラボレーションを促進しました。

アストロスケールのFemapとNX Nastran採用による主な効果は下記の通りです:
- 3D CADモデルから解析用モデルを簡単に作成し効率的な解析を実現
- 必要な解析を高コストパフォーマンスで実施
- 主要3D CADデータをシームレスに解析に活用して、コスト効率の高い設計を実現

※本事例の詳細については下記のWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

アストロスケールについて
(リンク »)

Femapについて
(リンク »)

NX Nastranについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェアについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]