Windows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例を公開

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT 2019年05月16日

日商エレクトロニクスはWindows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例を公開しました。

###
フルスクラッチで構築した前システムはWindows Server 2008で動作しており、2020年1月14日にWindows Server 2008の保守が終了するため、Microsoft Azureへの移行を行い、Windows Server 2008の保守の更に3年延長することを決められました。また、前システムはフルスクラッチで開発されており、アーキテクチャーと設計思想の老朽化に伴い、保守の費用と作業負担が増加していました。そこで、同社は自社の業務運用に近いGRANDIT商社パッケージを採用し、最低限のカスタマイズで導入し、保守負担の軽減を図ることを決断されました。

導入効果
•日商エレクトロニクスの商社ERPテンプレートを採用したことで、カスタマイズを採用減に抑えた導入ができた点。
•EOSが一番近かかったSQL Server2008をMicrosoft Azureへの移行することで3年間延命でき、保守切れすることなく、移行できた点。
•商社ERPテンプレート「複数為替予約対応」を活用することで、伝票管理が効率化した点。
•GRANDIT+Microsoft Azureでフルクラウドを実現し、どこでも利用可能なERPシステムを実現できました。

興味がある方は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]