編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シーメンス、Xceleratorをリリースして全産業のデジタル未来を牽引

シーメンスPLMソフトウェア

2019-10-01 11:00

• シーメンスの主要なソフトウェア・ポートフォリオとマルチ・エクスペリエンスを提供するアプリケーション開発プラットフォームを統合したXcelerator。デジタル・トランスフォーメーションを強力に推進し、既存のデータとシステムの容易な再構築、統合、拡張を可能に
• 精緻なデジタル・ツインを作成することで、製品の設計時、製造時、使用時における迅速なイノベーションとバリデーションを実現
• 業界をリードするインダストリアル・ソフトウェア・ポートフォリオの拡大に合わせて、社名をシーメンスPLMソフトウェアからシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアに変更

シーメンスは本日、それぞれのユーザーが業界のニーズに合わせてパーソナライズできるソフトウェア、サービス、アプリケーション開発プラットフォームの統合ポートフォリオ「Xcelerator」をリリースしました。これにより、あらゆる規模の企業がデジタル・エンタープライズに移行できるよう支援します。Xceleratorにはシーメンスの設計、エンジニアリング、製造までの一貫したソフトウェア・ポートフォリオと、マルチ・エクスペリエンスを提供するローコード・アプリケーション開発プラットフォーム「Mendix」が統合されています。Mendixプラットフォームには、Mendixの業界をリードするローコードとノーコードの統合開発環境に加え、シーメンスのクラウドベースのオープンIoTオペレーティング・システムである「MindSphere®」をエンジンとするデジタル・エンジニアリングとIoTのための各種クラウド・サービスやアプリケーション・サービスが新たに実装されました。Xcelerator独自のこのプラットフォームは、シチズンデベロッパーやエンジニアなど誰もが既存のデータやシステムを容易に再構築、統合、拡張できるようにしてデジタル・トランスフォ―メンスを強力に推進します。

また、シーメンスは世界中の組織でデジタル・トランスフォーメーションを加速させるソリューション、アプリケーション、ツール、サービスのポートフォリオの拡大とシーメンスのエコシステムの成長を明確に表すために、事業会社をシーメンスPLMソフトウェアからシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアに名称を変更したことを発表しました。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのCEOのTony Hemmelgarnは、「シーメンスは、設計部門と業務部門の垣根を取り払い、バーチャルな世界とリアルの世界を融合させてイノベーションを興してきた長い歴史を持ちます。Xceleratorはその歴史を継承し、電子設計の自動化から製品ライフサイクル管理までの完全なソフトウェア・ポートフォリオをはじめ、Mendixプラットフォーム、さらにはIoTオペレーティング・システムのMindSphereを統合しています。Xceleratorは、フィードバックやパフォーマンスを収集してその洞察を設計や製造に戻すという独自の特徴を有し、ディスクリート産業やプロセス産業全体にデジタル・エンタープライズの実現を可能にします。そして、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとして、設計、エンジニアリング、製造の融合を実現できるデジタライゼーション・ソフトウェアとサービスのポートフォリオを拡充し未来に突き進んでいくことを楽しみにしています」と述べています。

シーメンスのインダストリー・ソフトウェア・ポートフォリオを統合したXcelerator
シーメンスは、電子・機械設計、システム・シミュレーション、製造、運転、ライフサイクル・アナリティクスのための業界で最も包括的で高度なポートフォリオを提供してきました。Xceleratorは、インフォメーション・テクノロジーやオペレーショナル・テクノロジー、エンジニアリング・テクノロジーの既存環境とコネクトする組込みツールや組込みデータベースを統合します。この統合により、シーメンスの広範なテクノロジーを活用できる独自のワークフローが実現します。例えば、NX™ソフトウェアにMentor GraphicsのCapital™ソフトウェアが組み込まれているため、エンジニアリング部門のエクスパートたちによる新製品のコラボレーティブな設計を可能にします。またSiemens Opcenter™ソリューションとValor™ソフトウェアが統合されているため、デジタル・スレッドを設計から製造まで拡張して連続的な品質改善を図ることができます。さらにシーメンスは、プレシリコン自動運転検証環境「PAVE360™」を構築するための複数の自動車検証ツールを統合しました。このオープンな統合により、モデル・ベースのシミュレーションを実際のテストデータやパフォーマンス・アナリティクスと融合させる最も精緻なデジタル・ツインを作成することで、製品と運転のイノベーションと検証を加速化させることができます。

Siemens Digital Industries Softwareはこのようなデジタル・エンタープライズ・ポートフォリオを提供して、あらゆる規模のユーザーにバリューチェーン全体を統合しデジタル化するエンド・ツー・エンドの製品、ソリューション、サービスを提供しています。Xceleratorは、製品性能、製品開発、製造オペレーション、ライフサイクル・サポートに関して継続的な創意工夫を凝らせるようになります。Xceleratorは、製品ライフサイクル管理(PLM)、電子設計自動化(EDA)、アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)、製造オペレーション管理(MOM)、組込みソフトウェア、モノのインターネット(IoT)のための各種アプリケーションとソリューションから構成されています。この統合ポートフォリオは、経営トップから製造現場に至る業務の自動化やXceleratorエコシステム参加者間の情報フローのオーケストレーションを支援して、トレーサブルなデジタル・スレッドを作成し、オープンでコラボレーティブな環境を迅速かつ機敏に構築できるようにします。

Xceleratorエコシステムを強化するMendixアプリケーション開発プラットフォーム
エンタープライズ向けローコード/ノーコード・アプリケーション開発プラットフォームのグローバル・リーダーであるMendixをシーメンスが昨年買収して以来、Mendixプラットフォームは拡張を続けています。クラウドのパワーと市場をリードする迅速なアプリケーション開発環境を提供し、既存のソリューションを新しい種類のデータやシステム、ユーザーと統合し拡張します。Mendixプラットフォームは、MindSphere、デジタル・エンジニアリング、システム・インテグレーションによって支えられたIoTのためのアプリケーション・サービスの実現に加え、どのシステムからのデータもアプリケーションやデバイスとの双方向接続を可能にします。MendixプラットフォームはXceleratorユーザーに対してマルチ・エクスペリエンスを提供するアプリケーションの作成を可能にし、どのデバイスにあるデータも、どの場所からのデータも、どのクラウド上にあるデータも、またどのプラットフォーム上にあるデータもすべて共有できるようにして、デジタル・トランスフォーメーションの利点をこれまで以上に迅速に享受できるようにします。

Xceleratorは、多種多様なITシステムやアプリケーションからのデータを使用し配信するアプリケーションの作成を可能にします。企業の規模やサプライチェーン内のポジションを問わずに、個々のニーズに合わせてパーソナライズし利用できる各種ソフトウェア・ソリューションを通してビジネスのデジタル・トランスフォーメーションを実現することにより新しい働き方をサポートします。オンプレミス型ソリューションを構築したい、クラウド型ソリューションと組み合わせたい、またはクラウド上ですべての業務を行いたいといった場合でも、Xceleratorは各企業に最適なペースとシステム構成でデジタルの未来を実現できるよう支援します。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアはデジタル・トランスフォーメーションを推進して、エンジニアリング、製造、電子設計が融合するデジタル・エンタープライズの構築を可能にします。そしてあらゆる規模の企業もデジタル・ツインを作成し活用して、新しい洞察、機会、自動化を手にできるようにします。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品およびサービスの詳細についてはwww.sw.siemens.comをご覧いただくか、LinkedIn、Twitter、Facebook、Instagramをフォローしてください。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアについて
シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、製造業がイノベーションを実現するための新たな機会を創出し、産業のデジタル変革を牽引するソフトウェア・ソリューションを提供して世界をリードするグローバル・プロバイダーです。米国テキサス州プラノを本拠地とし、これまで世界140,000社以上のお客さまにサービスを提供しています。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、あらゆる規模のお客様と協働して、アイデアの実現方法、製品の実現方法、稼働中の製品や設備資産の有効活用と状況把握の方法を変革できるよう支援しています。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアeの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

デジタルインダストリーズについて
シーメンス デジタルインダストリーズ(DI)はオートメーションとデジタル化における革新的なリーダーです。パートナーや顧客と緊密に協力して、DIはプロセス産業とディスクリート(部品組立)産業のデジタル変革を牽引します。デジタルエンタープライズポートフォリオでDI、はあらゆる規模の企業が、全バリューチェーンにわたる統合とデジタル化を実現するための、包括的な製品、ソリューション、サービスを提供します。各産業固有のニーズにあわせて最適化した、DIのユニークなポートフォリオは、お客様の生産性と柔軟性の向上をサポートします。DIは常にポートフォリオに革新性を追加し続け、将来的な先端技術の統合に努めています。シーメンス デジタルインダストリーズのグローバル本社の所在地はドイツ ニュルンベルグで、世界におよそ75,000名の従業員を擁します。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界中で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスの上場子会社であるSiemens Healthineers AGは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーであり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2018年9月30日を期末とする2018年度における売上は830億ユーロ、営業利益は61億ユーロでした。2018年9月末現在の全世界の社員数は379,000人です。シーメンスに関する詳細はwww.siemens.comにてご覧いただけます。

注意:シーメンス関連の商標リストについては (リンク ») をご覧ください。その他の商標はそれぞれ各所有者に帰属します。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]