編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビッグワードでの順位アップを狙うSEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」を発表。販売を開始。

株式会社シンメトリック

From: ValuePress!

2019-10-18 16:00

株式会社シンメトリックが、SEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」を発表。オウンドメディアなどを持ち、既にある程度SEO施策を行っているものの効果が上がっていないサイトを対象として、事前にヒアリングしたキーワードに対して既存コンテンツがどのように評価されているか、どのキーワードを設定すればSEO上効果が高いかをスコア化して分析し、サイトに合わせたコンサルテーションの上で具体的な改善施策をTODOリストとして提供するサービスです。

改善施策の完了後には、TODOリストの完了チェックや各コンテンツの順位チェックを行えるWebツール「クラスターマップ」を提供し、効果測定を行えます。

株式会社シンメトリック(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂田 和敏)はSEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」を発表。オウンドメディアなどを持ち、既にある程度SEO施策を行っているものの効果が上がっていないサイトに対して、ビッグワードでの順位アップを目標に既存コンテンツのSEOを再設計し、具体的な改善施策をTODOまでブレイクダウンして提供する。


▼Cluster SEO(クラスターSEO)

(リンク »)


[資料: (リンク ») ]


■クラスターSEOとは

クラスターSEOは、オウンドメディアなどのある程度ボリュームのあるコンテンツを運用しているものの、検索順位の上がっていないサイトや、オウンドメディアの検索順位は良好なもののサービスサイトへ流入が少ないサイトなど、SEO施策の成果が上がらないという悩みを解決するSEO対策サービスです。

事前にヒアリングしたターゲットキーワードを元に、既存コンテンツのSEO状況の分析と、キーワード選定を行い、既存コンテンツの改修項目をTODOリストとして出力、提供します。

改修作業の完了後には、TODOの完了チェックを行うとともに、各コンテンツやキーワードの順位チェックを行えるWebツール「クラスターマップ」を提供し、効果測定を行います。

■クラスターSEOの特長

・ビッグワードでの順位アップが目標

・既存コンテンツを改善することで順位アップ

・ブラックボックス化されない、具体的で実行可能な改善策


検索ボリュームの多いビッグワードでの検索順位を上げるためには、周辺のコンテンツをSEOに適した方法でリンクさせる必要があります。しかし、コンテンツが増えるにしたがって、キーワードの重複、リンク関係の欠如、SEO上逆効果になるリンクの発生などのリスクが増大します。

クラスターSEOで行うことはシンプルです。

・重複せず、ボリュームの多いキーワードのコンテンツを確保する

・既にGoogleに評価されているキーワードを優先・強化する

・コンテンツ間のSEOに必要なリンクを強化する

これらを実現するため、既存コンテンツのSEO状況を自動分析し、設定するべきキーワードや追加すべきリンクなどをTODOリストとして出力します。

TODOリストの内容はタイトルタグなどの書き換えやコンテンツ間のリンク追加など、コンテンツ自体の内容を大きく変更することなく、かつ自社内で実施可能なものです。施策の内容が明示されるうえ、抜け漏れが無いかどうかも確認できるため、SEO対策がブラックボックス化されたり属人化してしまうことも無くなります。

■SEOノウハウが詰まった分析ツールとサイトに合わせた丁寧なコンサルティング

クラスターSEOでは、これまでシンメトリック社が蓄積してきたSEOノウハウを詰め込み、独自開発したツールを使用して、現在のSEO状況の分析とスコア付けされたキーワード候補、改善のTODOリストを提出します。その後、提出したデータを確認しながら実際に設定するキーワードや実施する施策などを相談しながら決定していきます。改修後もキーワードの順位推移を視覚的に確認できるWebツール「クラスターマップ」を使用し、順位を継続的に監視していきます。

大量のコンテンツが存在するサイトではどうしても時間のかかる作業であった分析、改善案の提出をツールによって自動化することで、最短2週間という早さで改善施策実施までこぎつけることができます。

また、コストの大半をキーワードや施策の選定にあてられるため、サイトの検索傾向に合わせた細かく丁寧なコンサルテーションが可能です。

■外部施策やコンテンツの品質向上を行う他SEOサービスと併用可能、まったく新しい観点のサービス

クラスターSEOは、Googleのガイダンスに則してSEO対策の基本を押さえることを目的とした、コンテンツ有用性、ドメイン評価といった専門的なSEO施策の土台となるサービスです。既存のコンテンツ群を、検索エンジンに分かりやすい構造にシステマティックに変更することを主眼としています。そのため、被リンク追加などの外部施策やコンテンツの品質向上とは競合せず、むしろ併用することでよりSEO効果を高くすることができます。


ビッグワードでの順位アップを狙うSEO対策サービス「Cluster SEO(クラスターSEO)」サービスサイトはこちら

(リンク »)


【株式会社シンメトリックとは】

シンメトリックは創業以来18年、進化し続けるモバイル端末に向けて、最適な情報発信をする製品開発を行っています。18年に及ぶ研究・開発によって、Durian/roundabout/sparrow.js/footprint/GeneCode/GCモバイルファーストという幅広いモバイルソリューション製品群を展開するに至っています。シンメトリックはこれらの自社製品を軸に、モバイルソリューションのリーディングカンパニーとしてモバイルWebの発展に貢献していきます。


会 社 名:株式会社シンメトリック

代 表 者:坂田 和敏

資 本 金:1,000万円

設  立:2001年

本 社 所 在 地:

東京都渋谷区富ヶ谷二丁目43番15号 山崎ビル5F

TEL:03-5454-9687

FAX:03-5454-9592

URL: (リンク »)

Email:info@symmetric.co.jp


【事業内容】

Web開発ソリューションの製品開発

Webマーケティング支援サービスの提供

モバイルコンテンツ変換エンジンの製品開発

モバイルコンテンツフレームワークの製品開発

BLOG、SNSなどのインターネットサービスの提供

Web全般(PC、携帯)の企業サイト及びECサイトなどの受託開発

Java、PHP、C言語を使用したコンピュータシステムの受託開発


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シンメトリックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]