編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

GMO-HSとシンメトリック、携帯電話コンテンツ変換サービスをSaaS形式で提供

浅賀美東江

2010-03-02 12:14

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は3月1日、シンメトリックと業務提携し、携帯電話コンテンツ変換エンジンを搭載したSaaS型サービス「roundabout on iSLE(ラウンドアバウト オン アイル)」の提供を開始した。1アカウントにつき初期費用1万500円、月額費用5250円で利用できる。

 roundabout on iSLEは、GMO-HSが同社のマネージドホスティングサービス「アイル」で販売している携帯電話コンテンツ変換ソリューション「MobileCube(モバイルキューブ)」を、SaaS形式で提供するもの。シンメトリックが開発した携帯電話コンテンツ変換ソリューション「roundabout(ラウンドアバウト)」を、アイルのサーバで運用してSaaS形式で提供する。

 1つの携帯電話キャリア向けに作成したコンテンツをroundabout on iSLEサイトにアップロードするだけで、キャッシュ容量や画面サイズ、言語などを最適化し、ほかの携帯電話キャリアの向けのコンテンツに変換することが可能だ。

 また、携帯電話コンテンツ変換のほか、携帯電話サイトを作れるコンテンツ制作支援ツールを新たに提供。カスタマイズ可能なテンプレートも5つ用意している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]