編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

GMO-HS、サーバやネットワークを無料で監視するサービス--1人10台まで

新澤公介(編集部)

2010-01-26 19:35

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は1月26日、SaaS型で提供するセキュリティサービスの新ブランド「SecureStar(セキュアスター)」を立ち上げた。同日から、サーバやネットワークを無料で監視するサービス「AlertMe(アラートミー)」を提供している。

 AlertMeは、ユーザーのサーバやネットワークの安定稼動を24時間365日監視するサービス。障害発生時やパフォーマンス低下時には、ユーザーにメールで通知する。ユーザーは個人や法人を問わず、ウェブサイトやサーバを運用する管理者であれば無料で利用できる。監視対象数は10台までとなる。

 ユーザーは、管理画面から監視条件などを設定できる。サーバからの応答時間や応答率を確認する「ping監視」や、SMTPやPOP、DNSなどが正常に機能しているかを確認する「サービス監視」、URLやDNSなどからコンテンツを取得して応答時間を確認する「コンテンツ監視」などを用意する。エージェントレス方式を採用しており、サーバにソフトウェアをインストールする必要はないとしている。

 また、複数のサーバやネットワーク機器の稼動状況を一元管理でき、監視対象ごとに監視ポリシーを設定することも可能だ。このほか、監視対象の稼動状況や稼働率、障害発生時の状況などは、グラフや数値を用いたレポートとして作成、確認できる。

 GMO-HSによると、「サーバ監視というサービスの普及度や認知度、新ブランドの認知度を高める啓蒙活動として無料で提供する」としている。今春をめどに有料版の提供を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]