編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

スパイスボックス、顧客の趣味嗜好によって最適なインフルエンサーを選定する「トライブ・インフルエンサー」の提供を開始

株式会社スパイスボックス

From: PR TIMES

2020-01-16 14:05

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、SNS上で趣味嗜好を共有するアカウントをトライブ化し、顧客起点でインフルエンサーを見つけ出して情報発信を行う「トライブ・インフルエンサー」の提供を開始しました。



[画像: (リンク ») ]


従来のインフルエンサーマーケティングと比較して、インフルエンサーの選定理由が明確であり、商品やサービスと親和性が高いキャスティングのため、より大きな影響力とマーケティング効果を提供することが可能です。
(※トライブ・・・特定の趣味嗜好持つ集まり)

● サービス紹介動画
(リンク »)

■ 「トライブ・インフルエンサー」について
・ 「関連トライブの可視化」
自社を取り巻くSNS上のトライブ(特定の趣味嗜好の集団)を可視化し、ターゲットを把握。

・ 「インフルエンサーの発見」
訴求したいトライブの複数アカウントからフォローされているインフルエンサーを見つけ、「質」の高い情報を
発信。

・ 「共創クリエイションも可能」
SNSの投稿PRだけでなく、インフルエンサーとコラボレーションしたコンテンツ制作もプロデュース。

■ インフルエンサーマーケティングを顧客起点で
従来のインフルエンサーマーケティングでは、選定したインフルエンサーのフォロワーが本当に訴求したい集団なのか、商品やサービスと親和性の高いインフルエンサーであるかが、明確ではない部分がありました。この度、提供を開始した「トライブ・インフルエンサー」は、顧客起点でインフルエンサーをキャスティングすることが特徴です。スパイスボックス独自のソリューションを活用して、商品やサービスと親和性の高いトライブを特定し、訴求したいトライブから頻度が高くフォローされている「インフルエンサー」を見つけ情報発信を行うことで、有効なインフルエンサーマーケティングを提供いたします。

*********************************************
■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って“生活者”に語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【【会社概要】
社 名: 株式会社スパイスボックス
設 立: 2003年12月15日
資本金: 2億7143万円
出資者: 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地: 東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー17階WeWork内
代表者: 田村 栄治
事業内容: デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]