編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

凸版印刷、ICTを活用し在留外国人の日本語学習を支援

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2020-06-01 15:35

文化庁委託事業として、生活に必要な日本語をいつでもどこでも学習できる在留外国人向け日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」の提供を開始

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、文化庁が推進する「生活者としての外国人」のための日本語教室空白地域解消推進事業の一環として、令和元年度ICTを活用した「生活者としての外国人」のための日本語学習教材の作成・提供業務を受託しました。

 日本語教室が設置されていない国内の地域(以下 空白地域)に居住している外国人などが日常生活を営む上で必要となる日本語能力を習得できるようICTを活用し独学できる日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」を開発。本Webサイトの無料公開を2020年6月1日から行います。日本語、英語、中国語(簡体字)、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語の6言語に対応しています。
 本Webサイトの提供により、日本語教室がない地域に在住する外国人住民に対して日本語の学習機会の提供を実現します。これにより、在留外国人が地域で十分に力を発揮できる環境を整備し、地域社会への参画を促すことで地域活性化を目指します。




[画像: (リンク ») ]

■ 本事業の背景と目的
 日本における在留外国人は約293万人(2019年末)と急増し、多くの地域に外国人が在住しています。一方で、地域によっては日本語教育人材がいないなどの状況により、空白地域も多数存在しています。これにより、空白地域に住む外国人は日本語学習機会が得られず、地域で十分に力を発揮できないという課題もあります。
 これらの課題を解決するための事業の一環として、空白地域に住む外国人を対象として生活に必要な日本語の学習ができるICTを活用した学習教材の開発を行い、日本語学習のためのWebサイトとして提供していきます。これにより空白地域に在住する外国人住民に対し、生活に必要最低限な日本語の学習機会の確保を目指します。
 凸版印刷は在留外国人向け日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」の運営会社として、これまで培ってきたWebサイトや映像制作ノウハウ、多言語翻訳ソリューションやデジタル教育コンテンツの提供実績を活かして本Webサイトにおける開発・制作・運営を担い、事業を推進していきます。

■ 日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」の特徴
・空白地域に在住する外国人住民を想定した生活シーンを連想できるコンテンツを配信
 サイト利用者の日本語習得レベルに合わせて、実用的な生活シーンを連想できる学習コンテンツを配信。「あいさつ」や「買い物」、「役所の利用」などすぐに生活で活用できるシーンを動画により、見て学ぶことができます。
・多言語(6言語)対応のため、日本語を初めて学習する利用者でも学習が可能
 日本語、英語、中国語(簡体字)、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語の6言語に対応し、さまざまな国の在留外国人に対応した学習環境を提供します。

※今後、4言語を追加し、令和3年3月にはさらに10言語への対応を予定しています。
令和元年度:日本語、英語、中国語(簡体字)、スペイン語、ポルトガル、ベトナム語
令和2年度:インドネシア語、フィリピン(タガログ語)語、ネパール語、カンボジア(クメール)語

・登録不要・無料提供のため、いつでもどこでも気軽に活用が可能
 本Webサイトは登録不要、無料で閲覧が可能です。そのため、いつでもどこでも気軽に活用することができ、すべての在留外国人に対して日本語学習機会の提供を実現します。

■ 日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」の概要

[表: (リンク ») ]



* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


                                              以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]