編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

電話番号で個人を識別する、「認証サービスTELEO」を新発売

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

From: Digital PR Platform

2020-07-02 10:00


 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:堀口 彰、以下「MDIS」)は、電話番号で個人を識別するクラウドサービス「認証サービスTELEO」(テレオ、以下「TELEO」)を、7月15日から発売致します。


■発売の狙い

 近年、オンラインサービス利用時の本人確認手段として広く使われているパスワード認証の危険性が指摘され、複数の方式を組み合わせる多要素認証が普及してきました。
 ところが、組み合わせて用いられるSMS認証、ICカード、生体認証などには、それぞれセキュリティ―やプライバシーの問題があり、利便性確保や管理負担軽減などの課題もありました。
 MDISが提供する「認証サービスTELEO」は、電話番号で個人を識別することで、安全性と利便性を両立させることができます。
 国内通信キャリアが運用する電話番号は、新規契約時の本人確認により不正取得防止が図られるとともに安全性の高い電話網により運用されており、スマートフォンが普及したことに加えMNP※1により長期保有が一般化したこともあり、認証要素としての価値が高まっています。
 MDISはTELEOを、金融機関が提供する送金サービスやショッピングの高額決済時の追加認証などに広く普及していくため、直販に加え、代理店・事業者経由での取り扱いを拡大して参ります。
※1 MNP(Mobile Number Portability):電話番号を変えずに利用する通信キャリアを変更できる制度


■サービスの特長

1.「電話を発信する」簡単な操作で安全な認証ができる
  ・予め登録済みの電話番号からTELEO指定の番号に発信するだけで認証が完了。
  ・SMS認証や音声ワンタイムパスワードと比べ、暗証番号手入力の手間が不要。
  ・スマートフォンではチャットの操作で認証を完了させることも可能。
  ・スマートフォン、携帯電話、固定電話のいずれでも使用可能。

2.クラウド経由のサービス提供により導入、運用が容易
  ・導入企業側に専用サーバー設置が不要で、初期導入時の負担が軽く運用も容易。
  ・認証のためのICカード等を用意する必要が無く、管理が容易。
  ・TELEOで保持する情報はハッシュ化※2した電話番号のみで、セキュリティ―リスク低。

※2 ハッシュ化:データを規則性のない値に置き換える手法。ハッシュ後の値から元データ割り出しは困難。


■発売の概要

サービス名  認証サービスTELEO

価格体系・参考利用料(年間、税別) ※3
  従量制 認証回数1万回の場合   300,000円~
  定額制 1万ユーザーの場合   1,000,000円~
※3 初期費用が別途発生します。利用料の詳細はお問い合わせ下さい。


■TELEOによる認証のフロー

(リンク »)


(1) 導入企業のシステム(以下、システム)はユーザーから認証リクエストを受ける。
(2) システムはユーザーを特定し,その電話番号情報を取得する。取得した電話番号情報をハッシュ化し,TELEOに登録する。
(3) システムはユーザーに対して,TELEOの電話番号情報を表示する。
(4) ユーザーはTELEOに対して,自分の所持する電話番号から発信する。
(5) TELEOは着信のあった電話番号情報を取得し,(2)でシステムから登録された電話番号(ハッシュ値)と一致するものが存在するか確認する。
(6) 登録された電話番号(ハッシュ値)が存在した場合は認証成功したとシステムに返す。認証が成功せず一定時間経過した場合は,認証失敗したとシステムに返す。
(7) システムはユーザーに対し,認証結果に応じて表示する。


■サービスの用途

 予め電話番号、及びIDなどの個人を特定する情報が事前に登録・管理されていればTELEOを導入できます※4。MDISは、TELEOに最適な用途として以下を想定しています。

<個人認証における二段階認証>
  ・システムへのログイン(金融機関など)
  ・重要取引時の追加認証(金融機関など)
  ・高額決済時の追加認証(ECサイトなど)
<本人確認※5>
  ・サービスへの新規登録時の本人確認
  ・端末変更時のアカウント情報引き継ぎ
  ・予約キャンセル時の本人確認(飲食店、ホテル・旅館など)
  ・名義を変えた複数応募の防止(イベント予約など)

※4 利用者側では、電話番号が国内通信キャリアから提供されているものであり、また発信者番号通知サービスを有効としていることが必要です。
※5 「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」における電子的な本人確認(eKYC)とは異なります。


■三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社について
 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社は、金融業、製造業、流通・サービス業向けシステム事業を推進するリーディング・サービスインテグレーターとして、三菱電機グループ各社の技術力やサービスを最大限に活用した各種ITサービス事業を展開しています。
  オフィシャルウェブサイト: (リンク »)
  本社:〒108-0023 東京都港区芝浦4-13-23 MS芝浦ビル

■報道関係者からのお問合わせ先
 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 業務課(広報担当)
  電話03-5445-7646

■お客様からのお問合わせ先
 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 金融第一事業部 第一サービス事業推進室
  TELEO問い合わせ窓口
   メール     support-teleo@mdis.co.jp
 サービス紹介ページ
    (リンク »)   7月2日公開予定

■商標関連 
・TELEOは、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社から商標登録出願中の商標です。
・その他、会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

以上




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]