編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

マクニカ、RealWear社との販売代理店契約を締結、産業用スマートグラスの取り扱いを開始

~ お客様のDXを支援し、作業現場の課題解決の実現へ ~

株式会社マクニカ ネットワークス カンパニー

2021-12-15 10:00

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、 RealWear(リアルウェア), Inc. (本社:米国ワシントン州、CEO:Andrew Chrostowski、以下RealWear)と国内における販売代理店契約を締結し、RealWearが開発・製造する産業用スマートグラス製品の取り扱いを開始したことを発表いたします。これによりマクニカでは、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援し、作業現場における課題解決に取り組んでいきます。
昨今、自動車や製造物流、建設、エネルギーなどの産業分野では、作業現場において大きな課題に直面しています。多くの現場では、熟練した作業者の知識や技能に依存し、属人的な作業が多く発生しています。そしてこれは、熟練の作業者の引退や知識・技能を有した人材の不足などにより、安全かつ安定した生産活動が求められる作業現場において、品質の低下や事故のリスクなどにつながる可能性があります。また、作業の手順書やマニュアルによって作業レベルの標準化を図っても、悪天候や夜間などの環境下にてドキュメントを参照しながらの作業では効率が悪く、改善が求められています。

マクニカでは、このような課題の解決に向けて、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するため、RealWearとの販売代理店契約を締結し、産業用スマートグラス製品の取り扱いを開始することにいたしました。
RealWearのスマートグラスは販売開始から2万台以上の出荷実績を誇り、権威ある業界の見本市にて最優秀賞を受賞*1した世界をリードする産業用のウェアラブルデバイスです。音声操作に対応しており、ボタン操作のいらないハンズフリー仕様で、95dBの騒音環境でも利用可能です。また、ワークフローや点検項目の表示から作業・点検内容を記録することや動画・画像、PDF資料などをペーパーレスで閲覧することができます。さらに、中央制御システムなどと連携することで作業履歴の確認やWEB会議システムを利用して遠隔地から現場の状況を確認し、指示を出すなどの作業支援を行うことができます。

これにより、様々な産業分野の作業現場において、点検・テストや修理・メンテナンス、組立、施工などの作業を標準化し、スマートに行うことができるようになります。例えば、現場での作業手順や方法はデータとしてスマートグラスに保存されており、音声操作によってスムーズに必要な情報を呼び出します。呼び出した情報は、ペーパーレスでストレスなく過去の作業履歴などと合わせてスマートグラスに鮮明に表示されます。作業内容は現場から遠隔地の監督者などにリアルタイムに報告し、必要に応じて遠隔地から作業指示などを行います。
このように、作業現場にてRealWearのスマートグラスを活用することで、作業者に知識や技能に依存することなく、作業レベルを担保し、安全かつ効率的に生産活動を継続できるようになります。

マクニカでは、RealWear製品の販売を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援し、作業現場における課題解決に取り組んでいきます。

また、RealWearはこれまでに標準仕様のHMT-1、防爆仕様のHMT-1Z1を市場に提供し、世界中の多くのお客様に採用され、作業現場の安全や効率改善に貢献してきましたが、この度新製品として「RealWear Navigator™500」を発表しました。「Navigator 500」は様々な作業現場にて現行製品を利用しているユーザーからのフィードバックを反映して設計されており、これまで以上に高性能・高品質なスマートグラスを実現しています。マクニカではRealWearの新型産業用スマートグラス「Navigator 500」においても本日より販売を開始いたします。


【Navigator 500の特徴】
•特許取得済みの革新的なモジュラープラットフォーム
カメラ、モデム、バッテリーなどが個別のモジュールで構成されており、お客様は購入後、特定のモジュールのみを交換することができます。

•ホットスワップ可能なフルシフトバッテリー
システムを起動したまま電源を落とすことなく電池交換を行って頂くことができます。これにより作業者は作業状態を失うことなく、数時間に渡りより長いタスクに対応することができます。

•48MPセンサー高感度カメラシステム
暗い場所でも高品質の写真撮影を可能にし、フルHD(1080p)の画質を維持しながら、4倍以上のズームをキャプチャできる望遠モードの拡張ズームを備えています。さらに、カメラには高度なオートフォーカスと強力なビデオ安定化機能が搭載されています。

•クリアなディスプレイ
前機種よりもクリアなディスプレイを搭載しており、今後交換可能なディスプレイモジュールの発売を予定しています。

•軽量で洗練されたフォームファクタ
RealWear HMT-1のIP66の耐久性を損なうことなく、さらに2メートルの落下試験にも対応しています。

•その他特徴
安全でシームレスなデバイスサインオンを可能にするオプションと一元化されたエンタープライズ展開および管理機能、および最大100デシベル(dBA)の環境での音声認識を備えた、クラス最高のノイズキャンセリングテクノロジーを搭載しています。

RealWear製品の詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)

*1 Wearable Technology Show 2017にてBest Enterprise Solutionを受賞

※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

<本製品に関するお問い合わせ先>
株式会社マクニカ スマートモビリティ事業部
MAIL :auto-solution@macnica.co.jp


【RealWearについて】
RealWear®は、現代の最前線の産業労働者をより安全に、効率と精度を高めて継続するための”Assisted Reality” (支援現実)を実現するウェアラブルソリューションの世界有数のプロバイダーです。 RealWearは、現場の労働者に情報と専門知識へのリアルタイムのアクセスを提供すると同時に、彼らの手と視野を完全に作業のために使えるようにします。 RealWearは、Shell、Goodyear、Mars、Colgate-Palmolive、BMWなど、前例のないROIを実現しながら職場の安全性を向上させるために使用され、世界クラスの顧客の現場で実証されています。
RealWearは、米国ワシントン州バンクーバーに本社、英国、シンガポール、ドイツ、オーストラリア、オランダ、日本に支社を置き、ドバイに新しいカスタマーエクスペリエンスセンターを置いています。 RealWearのナンバーワンの地位は、2020年に前年比3倍(3倍)の成長でさらに強化されました。また、自動車、電気通信、エネルギー、製造、食品、飲料など、さまざまな業界の5,000を超えるユニークな企業顧客にウェアラブルデバイスを出荷してきました。詳しくは、www.RealWear.comをご覧ください。

【株式会社マクニカについて】
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス&ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国85拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。詳細はWebサイト (リンク ») をご覧ください。

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ   (リンク »)
コーポレートマーケティング統括部 広報室 宮原 e-Mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]