マクニカ、「Private AI」の販売代理店契約を締結--プライバシー重視した生成AI/LLMの企業利用を促進

藤本和彦 (編集部)

2023-12-22 14:24

 マクニカは12月22日、カナダのPrivate AIと販売代理店契約を結んだと発表した。これにより、高いプライバシー保護とともに、生成AIと大規模言語モデル(LLM)の企業利用を促進していく。

 「ChatGPT」などの生成AIは多くの領域で生産性向上に貢献すると考えられている。しかし、AIがプライバシーを侵害するリスクへの対策は喫緊の課題となっている。特に、個人情報保護法の検討事項は多岐にわたり、細かな配慮が求められている。

 Private AIは、ユーザーがLLMに情報を入力する際、または自社データを使ってモデルのファインチューニングをする際に、独自の機械学習アルゴリズムを活用して機密情報や個人を特定できる情報(PII)を自動的に編集し、データプライバシーを確保したAIの利用を可能にするサービスを提供している。

 このサービスは、52カ国の言語に対応し、50以上のデータ種別にも対応している。単なるルールベースではなく、大量のデータで訓練されたAIによってPIIを検出しており、その精度は非常に高いとされている。さらに、Private AIはPIIだけでなく、個人保健情報(PHI)やクレジット情報(PCI)など、高度な機密性を要する情報や、日本独自のデータ種別(マイナンバーや日本の住所など)にも対応している。

Private AIの特徴
Private AIの特徴

 マクニカは、今回の提携により、高度なデータプライバシーの確保とデータに基づく戦略的なインサイト提供を同時に実現することで、企業の生成AI/LLM活用を促進していく計画だ。

 同社はこれまで、データ活用を推進するためのソリューションとして、「Splunk」「Databricks」「brighter AI」「TripleBlind」「TieSet」などを取りそろえており、Private AIを加えることで、企業がデータ/AIをより幅広く活用できるように支援していく。

マクニカのデータ活用を推進するためのソリューション
マクニカのデータ活用を推進するためのソリューション

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]